「哲学的な動物」の生存本能 ~人間が、考えることを辞めるとき

「自分の頭で考えよう!」

そんなキャッチコピーを、街中で目にする。 

書店にずらりと並ぶ自己啓発本、学習塾の勧誘文句、そして人材派遣の宣伝広告。あちこちで見かけるそのメッセージに、私はつい最近まで、なんら疑問を感じたことがなかった。

だが先日、漫画編集者・栗原良幸氏にお話を伺う機会に恵まれた際、ふと一つの疑問が頭をよぎった。 

「人が自分の頭でものを考えるのは、本当に幸せなことなのだろうか?」 

栗原氏は、32歳という若さで「月刊少年マガジン」の編集長に就任し、その後「モーニング」と「月刊アフタヌーン」を創刊した名編集者である。『沈黙の艦隊』、『蒼天航路』、『What's Michael?』、『天才柳沢教授の生活』など、数えきれないほどの名作を世に送り出し、作家たちから深く敬愛される、唯一無二の存在。

さらに、海外の漫画家の作品を日本の雑誌に継続的に掲載するなど、漫画文化の国際的な普及を押し進めた先駆者でもあり、2010年の文化庁メディア芸術祭で功労賞を受賞している。

いわゆる「クールジャパン」の名の下に、世間がなにかと漫画を担ぎ上げるなか、私は栗原氏に、漫画という表現方法について、そしてその海外における可能性について、しっかりと伺ってみたかったのだ。

私が用意した質問に対して、氏はその英知を惜しみなく共有してくれた。だが栗原氏の知見は決して漫画だけに留まらず、会話がじつに多種多様なトピックに発展するにつれて、私は氏の魅力にどんどん引き込まれていった。そして話題が、インターネット空間とデジタルコンテンツの将来性へと移ったその時、栗原氏が眼鏡の奥で目を光らせて、太い声でこう言った。

「僕は今の時代が、『デジタル中世』のはじまりと思っています」