選挙
1月都知事選説も浮上!側近も与党もおらず誰も守ってくれない猪瀬直樹都知事の窮地
田崎 史郎


約1年前の東京都知事選で434万票近い選挙史上空前の得票を記録し、9月に2020年東京五輪招致を成功させて満面に笑みを浮かべた東京都知事・猪瀬直樹が窮地に陥っている。

医療法人「徳洲会」グループからの資金提供に関する説明が疑問を増すばかりなのに加え、普段の言動が敵を作り「四面楚歌」(都選出自民党議員)の状態だ。年内にも退陣に追い込まれ「1月に東京都知事選」という観測すら浮上している。

説明のたびに疑問増すアリ地獄

徳洲会の猪瀬に対する資金提供問題は11月22日、朝日新聞朝刊で「徳洲会、猪瀬氏側に5000万円 都知事選前 強制捜査後に返却」と報じられたことに始まった。この記事によると、猪瀬は取材に「わたしはまったく関知しない」「知らないと言ったら知らない」と全面否定した。

しかし、同日午後1時すぎ、報道陣とのぶら下がりインタビューで受領を認め、「資金提供の形で応援してもらうことになった」と釈明した。応援と言えば「選挙の応援」に決まっているが、午後3時すぎからの記者会見では「個人としての借り入れ」と説明を変えた。選挙、政治資金となれば公職選挙法、あるいは政治資金規正法違反を問われかねないことを懸念したとみられている。

翌23日、NHKや産経新聞が猪瀬側が徳洲会側に「1億円を要求したのがきっかけ」と報じると、猪瀬はそれを否定するとともに「借用証」の存在に言及。猪瀬は26日、その借用証を公表したが、返済期限も記入していない、金額が算用数字で書かれた簡単な借用証だった。あまりにずさんだったために、事後作成の疑問さえ呈された。

29日の都議会招集日の所信表明で猪瀬は型通りに謝罪した。だが、その後の記者会見では22日の問題発覚後に5000万円を渡した衆院議員・徳田毅と連絡を取ったことを認めた。これは「口裏合わせ」ととられかねない動きだ。
 


一連の発言は記者団からの追及にしどろもどろになりながら認めたくだりが少なくない。側近や弁護士と入念に打ち合わせたフシはなく、猪瀬がひとりで対応していることは歴然としている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら