[サッカー]
大野俊三「ジャパンスタイルを確立せよ!」

 オランダ戦での2点目を見て、私は鳥肌が立ちました。「日本のサッカーもここまで来たか」と。日本はアタッキングサードで6本のパスをつないで、ゴールを陥れました。パスのほとんどがワンタッチ。そして、選手たちの動きも止まることがありませんでした。あれでは、オランダの守備陣も為す術がありませんでしたね。強豪相手、しかもアウェーで、連動した球離れの速いパス回しを展開できたことに、日本の大きな成長を感じました。

効果的だったシフトチェンジ

 2連敗した10月の遠征では、ザックジャパンはボール支配率は高いけれども、横パスが多く、ゴールへ向かうかたちがあまり見受けられませんでした。これまでも触れてきましたが、横へ横へとパスを回しても、大きく陣形を崩すことはできません。横から縦へと目先を変えることで、組織を揺さぶれるのです。ボールを支配しつつ、どこで縦パスを入れてシフトチェンジするか。これが、今回の2連戦のポイントでした。

 その意味で、オランダ戦の2点目は右サイドでボールを持ったDF内田篤人が、PA手前に縦パスを入れたことで、シフトチェンジに成功しました。その後に、あのようなワンタッチでのプレーが続くと、相手DFはボールへ飛び込むタイミングを逸してしまいます。日本の選手たちも気持ちよくパスを回せていたのではないでしょうか。

 そして、選手たちが動きを止めなかった姿勢もゴールにつながりました。内田はタッチライン際からパスを出した後、止まらずに内側に動き出しています。ボールは岡崎慎司、本田圭佑とつながり、再び受けた内田がゴール前の大迫勇也にパス。大迫の落としたボールを、本田が押し込むという一連の流れを完成させました。受け手と出し手がゴールまでのイメージを共有し、オートマチックに連動するかたちは今まではあまり見られなかったこと。チームとしての理想形が表れたと思いますね。

 昔から、技術が高い日本人には、同じく個人技に優れ、ボールを失わない南米系のサッカーがよく合うと言われてきました。今の日本には長年、ベースにしてきた南米系のサッカーに、ヨーロッパ的な縦に速くパスを入れるスタイルが融合しつつあります。ボールを奪われないようリスクマネジメントしながらビルドアップし、あるタイミングで縦にパスを入れる。縦パスを合図に2列目、3列目の選手が前の選手を追い越してスペースに走り込む。このかたちは日本独特といってもいいでしょう。この「ジャパンスタイル」を確立できれば、W杯でも旋風を巻き起こせると見ています。