[障害者スポーツ]
伊藤数子「外への第一歩に――動画配信の価値」

 わたしたちSTANDでは、これまでさまざまな障害者スポーツの大会の動画配信を行なってきました。いつも難しさを痛感するのは、動画配信の価値をどう生み出すか、というものです。それを明確にすることで、効率的に認知、普及の拡大につなげていきたいと考えています。そこで、今年10月に行なった「スポーツ祭東京2013」の全国障害者スポーツ大会(全スポ)での動画配信では、多くの競技が同時進行していることもあり、それぞれの競技の特徴、出場者、配信のターゲットなどにあわせて、組み立てました。

 全スポの目的は以下のように掲げられています。
<大会の目的は、パラリンピックなどの競技スポーツとは異なり、障がいのある人々の社会参加の推進や、国民の障がいのある人々に対する理解を深めることにある>
 したがって、普段から競技をしており、その成果を試すために出場する選手もいれば、日常的にはスポーツをしておらず、参加すること自体が目的という出場者もいます。ですから、必ずしも全競技全試合が生中継に適しているかというと、そうではないでのす。そこで、競技や出場者ごとに、伝えるにふさわしい視点、伝えたいターゲットを絞り、組み合わせることにしました。

 まずは視聴ターゲットを明確にし、3つのカテゴリーに分けました。ひとつ目は、選手の家族や友人です。全国から集まった大勢の選手たちが、大きな会場で競技する、そのいきいきとした姿を、周囲の人は見たいはずです。ですから、陸上やフライングディスクなど出場者の多い競技には、会場にたくさんのカメラを入れ、なるべく多くの人を撮影しようと考えました。同時進行している競技を次々と切り替えて生中継するより、たくさんの選手を撮影し、後日、録画で配信することにしたのです。

 次に考えたのは、一般の人たち向けです。障害者スポーツを観たことのない人は、障害者スポーツの中には一般スポーツ同様に競技性が高く、スポーツとしての面白さがあることを知りません。そこで選んだのが、国内ではスポーツとして認知度が高い車椅子バスケットボールです。

 これは録画ではなく、生中継をしました。なぜなら、観るスポーツの醍醐味といえば、やはり生中継だからです。オリンピックやサッカーW杯を思い出してみてください。どんなにいい結果でも、どんなに素晴らしい内容の試合でも、やはり結末がわかってしまってからでは、面白さは半減してしまいます。今まさに世界のどこかで行なわれており、もう二度と訪れることはない、その一瞬のプレーや結果にこそ、人々は熱狂するのです。ですから、車椅子バスケは3日間、しっかりと生中継で競技としての魅力を味わってもらうことにしたのです。