フランス国債の格下げについての陰謀
『現代ビジネスブレイブ グローバルマガジン』---「ニューヨークタイムズ・セレクション」より
〔PHOTO〕gettyimages

政治的文脈によって格下げとなった

11月8日、債権格付け機関のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がフランスの格付けを下げた。これが重大ニュースとなり、フランスは危機的状況のようだ、と大々的に報じられた。しかし、市場はあくび。フランスの史上最低に近い借入コストは、ほとんど動かなかった。

これは一体どういうことなのか。答えは、S&Pの行為は、金融引き締めを取り巻く、政治的文脈の中で見る必要があるということだ。つまり格下げは経済ではなく政治だ、という意味である。

このフランスに対する陰謀(実に多くの人がフランスの悪口を言うので、私は冗談半分でこう言うが)は、ヨーロッパでもアメリカと同様に、財政にガミガミ言う連中は、本当のところは、財政赤字の問題を気にしていないという明白な証拠である。その代わり連中は、債務への恐怖をイデオロギー的な行動計画の実践のために利用している。そしてそれに同調しないフランスは、絶えず否定的なプロパガンダの標的となってきた。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら