ライフ
麗しき国、日本! 2ヵ月ぶりの帰国でしみじみ感じるドイツとの決定的な違い
〔PHOTO〕gettyimages

飛行機の窓から、関東平野の広がりの向こうに、雪をかぶった富士山がくっきりと見えた。ちょうど2ヵ月ぶりの日本。毎回、「ああ、やっとたどり着いた」と思う。

11月の小春日和、ここは天国だ。東京の冬は、青空が見える。しかも、ちっとも寒くない。ドイツはここ3週間ぐらい、ほとんど連日、薄暗くて、昼間も電気をつけなければいけないほどだった。それどころか、十数時間前、私がシュトゥットガルトを発ったときは暗いだけでなく、みぞれが降っていたのだ。

東京は、真冬になって、皆が「身を切るような寒さ」などと言うときも、たいして寒くない。本当に寒いのは家の中だけだ。私の東京のマンションは、サッシから隙間風が入ってくる。日本の技術力を鑑みると、これは、わざと隙間風を入れるように作ってあるとしか思えない。何故だろう? 私は練炭自殺なんてしないのに。

その点、ドイツではセントラルヒーティングがほとんどなので、家の中はポカポカしている。夜中のバスルームまで暖かい。省エネのため、建築基準がどんどん厳しくなり、新築の家の外壁には強力な断熱材が使われている。

また、古い家をリフォームして断熱材を補てんした場合には、工事に補助金が出る。日本の家はスースーしていて、暖房も冷房もかなり無駄になっているような気がする。省エネの可能性は、まだまだありそうだ。