[BCリーグ]
石川・森慎二監督「“切り替え”によってつかんだ勢い」

 石川ミリオンスターズは2年ぶり2度目の独立リーグ日本一を達成しました。これで昨季の新潟アルビレックスBCを合わせると、BCリーグとしては3連覇となりました。それまでは四国アイランドリーグプラスには5連覇され、レベルの違いを感じてもいましたが、今や両リーグに力の差はありません。今回の徳島インディゴソックスとの独立リーグチャンピオンシップも、最後までどちらに転ぶかわからない好ゲームばかりでした。今後はさらに切磋琢磨して、独立リーグのレベルアップを図っていきたいですね。

 さて、ミリオンスターズは2年ぶりの頂点に立ったとはいえ、決して順風満帆のシーズンを送ったわけではありません。前期は北陸地区で優勝してプレーオフの出場権利を得ることができたものの、後期は一転、最下位に終わりました。特に9月に入ってからは打線がふるわず、厳しい試合が続きました。

 後期も残り5試合となったところで、正直、優勝の可能性は非常に低くなっていました。そこで私は選手の頭を切り替えさせることにしたのです。「最後まで優勝を諦めることなく、戦う。練習も試合も普段通り勝つためにやる。その中で、その後に控えている短期決戦のプレーオフに向けた心の準備をしていってほしい」と言ったのです。

 それには理由がありました。レギュラーシーズンとは異なり、短期決戦のプレーオフではひとつの負けが非常に大きい。だからこそ、どの試合も序盤からエンジン全開で入り、先手を取ることが重要になります。しかし、今季のミリオンスターズはスロースタートであることが多く、徐々にエンジンがかかるのです。それでは短期決戦を勝ち抜いていくのは難しい。そのために、プレーオフに入る前から、試合開始直後にパッとエンジンがかかる準備をしていきたかったのです。

 そしてもうひとつは、目線を変えることにありました。負けが混み、最下位の可能性が高いという状況は決してチームにとってはプラスではありませんでした。ですから、そこに目を向けるよりも、その先にあるプレーオフという新しい目標を早めに意識させることで、選手たちのモチベーションを高めていきたかったのです。それが功を奏したのでしょう。結局後期は最下位となったものの、最後の2試合の福井ミラクルエレファンツ戦に連勝し、その状態で福井との北陸地区チャンピオンシップに入ることができたのです。

 そのチャンピオンシップでは、初戦は0-1で負けましたが、試合の内容としては悪くありませんでした。そして2戦目は4-4の引き分け。これも結果よりも、打線が4点を取ったことの方が大きく、手応えを感じていたのです。とはいえ、1敗1分と後がない状態であることは変わりありませんでした。

 絶対に負けることができない、プレッシャーのかかった3戦目も、やはり接戦となり8回を終えた時点で1-1と、非常に緊迫した試合でした。しかし、選手たちは非常に集中し切っていました。「勝てる」という自信と「絶対に勝つ」という気持ちの両方をしっかりと持っていたのです。その結果が、サヨナラ勝ちに結びつき、さらには第4戦での快勝につながったのです。

 レギュラーシーズン残り5試合で頭を切り替え、いい意味で開き直ることができたことで、最後の福井2連戦に連勝することができた。これが福井とのチャンピオンシップを制した最大の要因だったと思います。