不正・事件・犯罪
猪瀬直樹という悲しく哀れな"傀儡"のダッチロールを歓迎する「石原利権」の構造
わずか100日ほど前 [Photo] Getty Images

 傲慢な"上から目線"で官僚を叩き、記者や編集者をなじってきた猪瀬直樹東京都知事が、今、悲しく哀れだ。
 5000万円問題に関する説明は、理屈に合わないどころか、子供にも通用しない陳腐さで、それを自覚しているから、目は泳ぎ、声は小さく、言葉がもつれる。

 ここでは、既に報道されている5000万円問題の法的倫理的責任ではなく、「ダッチロールを始めた猪瀬都知事を、都議会もゼネコンなどの業界も、密かに支えるつもりだ」(都議会関係者)という猪瀬都知事の奇妙な"立ち位置"について考えてみたい。

石原後継ではあるが利権は継承していない

 そもそも猪瀬都知事は、昨年11月、国政に戻る石原慎太郎前都知事の後継者として出馬を決めた。その時点で、「石原後継」ではあるが、石原利権の継承者ではなかった。
 この事実の確認が、まず必要になる。

 長い政界歴を誇る石原前都知事には、公共工事に関与、行政と業界を"調整"する2人の元秘書がいる。元副知事の浜渦武生と鹿島執行役員の栗原俊記。このコンビが、秋葉原再開発、大手町跡地再開発などで見せた手腕は、広く知られるところだ。

 ただ、剛腕が過ぎて、「都議会のドン」といわれる内田茂自民党都連幹事長と対立、丁々発止のケンカに発展したことがある。
 だが、そこは"大人の解決"を図り、現在、浜渦と内田は良好な関係をキープしている。