Twitter×マーケティング【前編】
先行する株価に「マネタイズ」は追いつけるか

〔PHOTO〕gettyimages

ソーシャルメディアの象徴的な企業「Twitter」が上場した。米国時間11月7日、ついにその日を迎えたTwitter株の初値は公開価格の26ドルに対し73%上昇の45.10ドル、時価総額は一時316億ドルとなった。

同社は過去3年間で3億ドルという巨額の損失を重ね続け、直近四半期でも6,500万ドルの損失を出している。2014年の売上見込みは9億5,000万ドル、利益は2015年までは見込めない。

まだ創業7年目、収益もあがっていないTwitterの上場初日の時価総額は、米国の名だたる伝統企業の時価総額を超えた。44億3,000万ドルの売上と15億ドルの調整後利益(2013年見込み)を出している米ヤフーの時価総額およそ337億ドルと対比しても、さほど見劣りしない。つまり、期待が相当に先行していることになる。

「過熱感」をモバイル収益化で乗り切ったFaceBook

期待先行の様相が強かったFacebookやLinkedInと同様に、Twitterの株価はこれから乱高下することになるだろう。米国の株価バブルへの懸念を背景に、同社株価の過熱感はすでに危惧されている。その不安を払拭し、期待に見合った企業に成長させていくことが「上場企業Twitter」に求められるミッションとなった。

上場により調達した巨額の資金を、期待を上回るために投じる原資、成長のエネルギーにしていかねばならない。かつて、Facebookも株式公開からまもなく、過熱感を支えきれず株価の下落、社内統制の混乱を招いた。そこからモバイル広告事業の重要性を認識し、その収益化に注力し続けることで、上場から1年後にむしろ株価の最高値を更新してみせた。

Twitterが市場から信任を得続けていくことは、その企業価値を維持、成長させていくことに他ならない。それはすなわち、広告を含めたさまざまなマーケティング用途、それによるマネタイズの可能性を示すことだ。米Amazonのように、長年赤字を出し続けていても市場の評価を得ている企業然りで、目先の収益もさることながら、そのビジネスがキャズムを越えたときに強靭なモデルとなり得ることを証明することが重要だ。

〔PHOTO〕gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら