[裏方NAVI]
佐藤尚(東洋大学駅伝部コーチ)<後編>「強さを引き出す悔しい経験」

 いよいよ残り約1カ月と迫ってきた第90回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)。佐藤尚にとっては、指導者としてちょうど20回目の箱根となる。彼が母校である東洋大学駅伝部の監督となったのは、今から19年前のことだ。当時、東洋大は低迷時期にあった。箱根でシード権を取れない年が続き、改革を求めて指導者を探していた。そこで白羽の矢が立ったのが、佐藤だった。彼は地元の秋田県でサラリーマンとして働く傍ら、秋田工業高校で陸上部のコーチをしていた。

「誰も監督をやりたがらなくて、引き受け手がいなかったんじゃないかな。まぁ、とにかくシード権を取れるようになるまではやってみよう、という気持ちで引き受けました」
 その目標は、就任3年目で達成された。1997年1月、東洋大は7位に入り、84年以来、実に13年ぶりにシード権を獲得。12年後、初の総合優勝達成に向けた第一歩を踏み出した瞬間だった。

 7年半、監督を務めた佐藤は2002年、川嶋伸次に監督のバトンを渡し、スカウト兼コーチとなる。それまで片手間にしかできなかったスカウト活動を本格的に行ない始めたのは、この時からだった。そんな佐藤には、今も貫いているこだわりがある。それは記録よりも、自分が選手を実際に見て、話しをし、そしてどう感じるかを重視することだ。

「高校で指導している頃に感じていたのは、悔しい思いをしても、なお継続して走る選手は強くなるということ。悔しい思いを糧にして努力するというのは、教えてできるものではありませんからね。もちろん、もともと強い選手は強いとは思いますが、中途半端にいい記録を持っている選手よりも、悔しさをバネにして努力している選手の方が鍛えがいがあるんですよ。だから、私は記録だけでは絶対に判断しません。それはこれからも同じです」
 毎年のように優勝候補に東洋大の名が挙がるようになった今でもなお、佐藤のスカウティングのベースは変わってはいない。