[プロ野球]
佐野慈紀「選手会よ、FA制度の見直しに全力を!」

 今季は東北楽天が、日本シリーズでV9以来となる連覇を狙った巨人を4勝3敗で破り、創設9年目にして初の日本一を達成しました。レギュラーシーズンで無傷の開幕24連勝という快挙を成し遂げた楽天エースの田中将大は、日本シリーズ2試合目の登板となった第6戦で黒星はついたものの、翌日の最終戦には最終回にマウンドに上がり、きっちりと有終の美を飾りました。楽天にとっては、まさに田中で始まり、田中で終わったシーズンだったと言っても過言ではないでしょう。その田中は、オフシーズンに入ってからも話題の中心となっています。今や騒動と化しているポスティングシステムです。果たして野球ファンは、どう感じているのでしょうか。

 そもそもの騒動の始まりは、メジャーリーグ機構(MLB)が日本野球機構(NPB)に提案してきた新ポスティングシステムに対して、日本プロ野球選手会が反対したことにあります。これまでも高騰し続ける入札額の抑制を主張してきたMLBが新しく提案したのは、従来通り最高入札額を提示した球団にのみ交渉権が得られるが、実際に支払われる入札金は提示された最高額と2番目の額の中間にするというものでした。これをNPBも合意し、締結する方向で話が進められていたのです。

 ところが、これに選手会が異を唱えたのです。「新制度は選手にもNPBにもメリットがない」という文書をNPBに提出し、待ったをかけたわけです。しかし、その2週間後の今月14日には、2年間限定という条件で新システムの導入を承認することが発表されました。これでようやく決着するかと思われましたが、今度はMLBが新システムを一度白紙に戻し、修正案を提出すると発表したのです。その理由は「NPBからの返答が遅かった」こと。さすがにこれには「えっ!? 返答の期限があったの?」と驚きましたが、確かにNPBの対応はにぶかったことは事実でしょう。コミッショナー不在という事態であることも影響しているかもしれませんが、MLBがしびれを切らしたのも仕方なかったと思います。