ライフ/スポーツ


プロ野球特別読み物 バッサバッサと年俸カットされる選手たち 血も涙もない落合博満(中日GM)の大リストラこれでいいのだ

かつて球界最高年俸を獲得した落合がいま、選手に大減俸を宣告している。評価は賛否両論あるが、一つだけ明らかになったことがある。それは落合がいたほうが、プロ野球は盛り上がるということだ。

プロなんだから当たり前

前中日監督の髙木守道が言う。

「結果を残せなかったんだから、私が監督を退くのは当たり前のことです。プロ野球は勝ってなんぼの世界ですからね。そして、弱くなったチームを立て直すために強烈なリーダーシップを持った人間を招き入れる、これも当然です。自分で言うのもなんですが、いまの中日には勝てないチーム特有の緩みがある。それを立て直すには、落合博満を起用するしかないと、球団が判断したということでしょう」

その口調はサバサバしており、そこからは逆に「相手は落合だから、張り合っても仕方がない」という諦めのような感情も伝わってきた。

中日の新GMとなった落合博満(59歳)が、血も涙もない年俸カットを断行している。

吉見一起・1億1600万円減、和田一浩・8000万円減、荒木雅博・6800万円減、浅尾拓也・5500万円減……主力選手に対しても全く容赦はない。11月4日から始まった契約更改の減俸総額はすでに6億円超。最終的には10億円近くのコストカットをすると見られている(年俸・減俸額は推定。以下同)。

この大リストラの口火を切ったのは、2億5000万円から88%ダウンの3000万円を提示され、自由契約を選んだ井端弘和だ。評論家の江本孟紀が言う。

「落合GMは井端に対し、『戦力外の選手に金額は提示しない』とコメントしましたが、いくら何でもその言い方はないだろうと思いましたね。『提示した金額に納得しなかったから、退団した』ということを強調したかったわけでしょ。88%ダウンなんて、実質的にはクビの宣告と一緒です。そう簡単に判は押せないに決まっているじゃないですか。功労者に対する仕打ちとしては、あんまりですよ」