歳川隆雄「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

特定秘密保護法が「自・公・み・維」で成立しても 菅官房長官は「自・公・み」路線を歩みたがっている

2013年11月23日(土) 歳川 隆雄
upperline
[Photo] Bloomberg via Getty Images

 焦点の特定秘密保護法案は、週明けの11月26日に賛成多数で衆院を通過する---。与党・自民、公明両党は18日の野党・みんなの党(渡辺喜美代表)との修正協議で合意し、20日には日本維新の会の妥協・合意も取り付けた。
 自民、公明、みんな、維新の4党で修正案を共同提案する。

 みんなの党が特定秘密の指定への首相の関与を強めるべきだと求めたことを受け入れたことによる与野党合意に、焦燥感に捉われた維新の会(共同代表:石原慎太郎衆院議員、橋下徹大阪市長)が全面譲歩したからだ。

官房長官の発言は本心なのか

 与野党攻防の最中の19日夜、菅義偉官房長官はBS日テレの報道番組に出演、特定秘密保護法案について「出来るだけ多くの政党と一緒になって成立させた方がいい」と述べた。菅官房長官の望んだ通りになった。

 だが、菅発言は本心なのだろうか。

 というのは、安倍官邸では現在、同法案が修正協議を経て「自・公・み・維」4党の賛成を得て今臨時国会で成立した場合、来年以降の政権運営が微妙になると心配する向きが少なくないからだ。

 

次ページ  菅官房長官の本音は、実は自民…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事