ドイツ
CO2排出量の問題から手を放した日本とドイツ。そして温暖化防止がまるで進まないCOPの不毛
〔PHOTO〕gettyimages

困難な状況を説明し、理解を求めるべきだった日本

11月13日、ドイツのニュースでは、日本政府が発表した温暖化ガス削減の新目標のことが槍玉に上がっていた。日本の新目標というのは、2020年までにCO2の排出量を、2005年比で3.8%削減するというものだ。

ドイツのメディアは一斉に、あたかも日本が地球温暖化防止のための努力を投げ出したかのような非難がましい書き方をしている。福島の事故のせいで原発が停止したため、際限なく化石燃料を燃やし、地球の空気を汚している日本というイメージだ。最近は、福島の汚染水を海に垂れ流しているという報道も盛んになされているので、まさに「迷惑国家、日本」の図である。

ドイツメディアは書く。2009年、日本はCO2の排出量を2020年までに、1990年比で25%削減すると言っていたはずなのに、新目標では25%削減どころか、3%増加になってしまうではないかと。

それだけではない。中国までが、「経済発展と気候変動対策の折り合いは付けられるはず。国際社会が足並みをそろえている中で、日本は自らの取り組みについてしっかりと反省すべき」と言ったらしい(レコードチャイナ)。