[アイランドリーグ]
鍵山誠CEO「集大成の10年目へ」

意義あるウインターリーグ初開催

 今季、アイランドリーグは新たなチャレンジを始めました。この4日から高知で10日間に渡って開催されたウインターリーグです。記念すべき第1回目は27名が参加。ここにアイランドリーグ在籍の選手も加わって46選手が2チームに分かれ、8試合の実戦を行う中で選手の力量をチェックできました。結果、アイランドリーグからは各球団2名ずつ計8名の交渉権獲得選手が出ています。

 今回、意義があったのは海外からも9選手が参戦し、日米からスカウトや編成担当が訪れたことです。テキサス・レンジャーズの関係者や、かつてのMLB本塁打王ダレル・エバンス(元タイガース)さんなどにも足を運んでいただき、このリーグに興味を持ってもらえました。

 まだアイランドリーグ以外で具体的に獲得へ乗り出しているケースはありませんが、来春のマイナーリーグのキャンプに選手を招待する動きが出てきています。日本に限らず、多くの国の選手にアピールの機会を与え、国内外問わず各リーグへ人材を供給する。ウインターリーグ開催の目的は、一定程度、達成できたのではないでしょうか。

 こういった試みは、まずやってみないと何も分かりません。1度、実施することで課題もたくさん出てきます。最初の予定は80名を募集していたにもかかわらず、そこまでの選手が集まらなかったのは告知の点で改善の余地があるでしょう。期間中、もっと積極的に参加選手のプレーや結果について情報を発信し、多くのスカウトや関係者、メディアの方に「高知に行ってみよう」と思っていただける工夫も必要だと感じます。今回はアジアからの参加はありませんでしたから、来年は韓国、台湾といった近隣の地域にも声をかけていきたいと考えています。

 創設以来、継続してきた選手育成でも9年目のシーズンは大きな成果がありました。10月のドラフト会議では香川の又吉克樹投手が独立リーグの選手で史上最高順位となる2位で中日から指名を受けたのです。アイランドリーグや又吉投手はもちろん、ドラフト会議当日の会見場にスポンサーのかどや製油さんのごま油が設置されていたことがインターネット上で話題になるなど思わぬ波及効果が出ています。

 一方で全体での指名は2名にとどまり、昨年同様、やや寂しい結果となったのも事実です。アイランドリーグの選手たちがNPB相手に最もアピールしなくてはならない、秋のみやざきフェニックス・リーグでも2勝11敗1分と大きく負け越しました。残念ながら、このオフはリーグ出身のNPB選手が多数、戦力外通告を受けています。

 単にドラフトに指名されるだけでなく、NPB1軍でも通用する選手を育てる。各球団の監督、コーチと連携して、多くの原石を集め、四国で光り輝く存在にする努力が今まで以上に求められています。