upperline
1983年、ボディビル日本選手権優勝時の石井先生
東京大学大学院総合文化研究科教授
石井直方先生

1955年生まれ、東京都出身。セミ取りがきっかけで動物や生物に興味を持ち、東京大学理科Ⅱ類に進学。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授。自らボディビルダーでもある筋肉科学の権威。

筋肉は、第二の心臓である

松尾貴史(以下、松尾) 世界が認める筋肉科学の権威ということで、もう50代でいらっしゃるのに・・・見た目はもちろん、鋼のような雰囲気をお持ちという印象を受けました。学生時代にボディビル世界選手権3位に輝いたというのも納得ですね。石井直方先生は、筋肉全体は第二の心臓であるとおっしゃっていますが、どういう意味でしょう?

石井直方(以下、石井) そうですね、筋肉というと、運動するときに縮んで力を出してくれる、エンジンのような役割が注目されがちですが、実際には体のなかでさまざまなことをやってくれているんですね。

松尾 たとえば?

石井 体には体温がありますよね。たえず36度ぐらいの体温をキープしている。そのためには、体のなかで熱をつくるものが必要なわけですが、筋肉は体のなかのいちばんの熱源なんです。筋肉が熱を出してくれるので体温が保たれる。

岡村仁美アナウンサー(以下、岡村) 脂肪よりも、筋肉なんですか?

石井 ええ。脂肪は、褐色脂肪という特殊な脂肪しか熱を出さないんですね。ほんの少量しかない脂肪なので、基本的にはもし筋肉がなくなると体温が保てなくなる、ということになります。

松尾岡村 なるほど。

科学の宝箱  -人に話したくなる25のとっておきの豆知識-
著者:TBSラジオ編
講談社刊/定価1,260円(税込み)

◎ラジオ版"ディスカバリーチャンネル"が一冊の本に!

生物学や工学、心理学など、毎週さまざまなジャンルの研究者、専門家をゲストに招き、最新の"科学"についてトークを繰り広げているラジオ番組「夢☆夢Engine!」。これまで番組に登場した約120名のゲストのなかから珠玉のトークをセレクト。生物学者でベストセラー作家の福岡伸一先生、"はやぶさ"の川口淳一郎先生をはじめとした、各界の専門家25名のお話を書籍化しました。
次ページ 石井 加えてもう一つ。今、第二…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事