ブルーバックス
『難関入試 算数速攻術』
発想と思考力の勝負!
中川 塁=著

メニューページはこちら

思いもよらない解法に驚きと発見の連続!!

 つるかめ算や植木算、面積図など、中学の入試問題は特別なテクニックが必須だと思っていませんか? 実は、シンプルな思考を積み重ね、ちょっとした工夫を加えるだけで驚くほどすっきり解ける良問の宝庫。良い問題の良い解法を追究していけば、理解も深まり、大人から子供まで算数の楽しさを発見できるはず。あなたはどれだけ速く、美しく解ける?

まえがき

速く解くことに徹する

 皆さんこんにちは。速攻術指南役,当塾長の中川塁です。普段は中学受験専門の大手進学塾で、算数の指導をしています。本書を手にとって頂き,ありがとうございます。ここに掲載したどの過去問も国・私立中学校の先生方が練りに練って創作された珠玉の良問ばかりです。

 ところで、入試本番の算数の考査時間は大体50~60分。中には40分とかなり短い学校もあります。ですから,モタモタ時聞をかけていると勝ち目はありません。一本勝負! スピードとの戦いなのです。

 しかし日頃算数指導の中,受験生達の解法を精査すると,(あちゃ~,この解き方じゃ時間を食い過ぎて勝てないぞ……)と目に余る答案ばかり。何しろ中学入試といえども,合格するためには「より速く,より多く正解してナンボ」の世界。戦線のライバル達を凌駕しなくてはなりません。

 そこで「何とかこの子たちを勝たせる解法集はできないものか?」と熱い思いに駆り立てられ,まとめたのが本書です。しかし読み返してみると,次のように大人が読んでもすこぶる楽しい内容になりました。

・時間短縮にこだわると解法も自ずと美しくなる
・別解を研究することで問題への造詣が深まる
・思いもよらない解法に新鮮な驚きと発見がある

 私がずっと持ち続けていた「美学」を見事に本書が開花させてくれたような気がします。

本書の楽しい活用法

 本書は中学受験を目指す小学生はもとより,受験生を持つ親御さん,中学・高校・大学生,算数や数学を離れて時間が経過した社会人の方々にも読んで頂きたいと思います。算数の問題を解く楽しさ,意外な解法に出会う新鮮な驚きがあるでしょう。

 まず紙とベンを用意し,どんな方法でもいいですから解いてみて下さい。アッサリ解ける問題もあれば,手ごわいのもあります。「大の大人が解けないわけない!」と意気込んでも,「あれれ,解けなくてちょっと悔しいなあ」となるかもしれません。あえてそのレベルの問題をちりばめてみました。中学受験算数の問題を見たことのない方は,「へえ? こんな難問を小学生が解いちゃうの?」と大いに驚嘆されると思います。そう! 小学生が解くのです! というより解けないと中学入試での勝利はあり得ないのです。