『図解・首都高速の科学』著:川辺謙一
首都高速は「走る展望台」

東京に訪れる観光客が増えている。東京都の調べによれば、昨年度に東京都を訪れた観光客は年間でのべ5億人弱で、過去最多を記録(平成24年訪都旅行者数等の実態調査結果)。海外からの観光客数も、震災前の水準にもどったという。2020年の東京オリンピック開催が決まり、東京は国内外からますます注目を集めるだろう。

「東京はどんな街か」という全体像は、観光客がまず知りたいことだが、高い場所から街を見下ろせば一目瞭然だ。東京には、そのための展望台がいくつかある。代表例を古い順にいえば、東京タワー、サンシャイン60、東京都庁、六本木ヒルズ森タワー、そして東京スカイツリーがあるが、高くない場所にもお勧めしたい展望台がある。それが首都高速道路(首都高速)だ。

首都高速は、首都圏の都市部を通る都市高速道路であるが、「走る展望台」でもある。車中から見上げれば、東京タワーや東京スカイツリー、銀座のビル群、六本木ヒルズ、羽田空港旅客ターミナルビルなどが見え、横に向けば、日本橋や池袋、新宿、渋谷、六本木、上野、お台場などの街並みが間近に見える。より高い位置の展望台や、地平からは見えない景色が、首都高速では楽しめるのだ。

首都高速には、分岐線などをふくめて26の路線があるが、その一つである都心環状線を走れば、短時間で東京の全体像がおおよそ把握できる。都心環状線は、その名の通り、東京都心を周回する環状線であり、放射状に伸びる路線をつなぐロータリーの役目をしている。1周は14・8キロで、JR山手線の1周(34・5キロ)の約半分であり、渋滞がなければ約20分で走ることができるが、ここに東京ならではの景色が凝縮されている。

沿線には、古くからの商業地である日本橋や銀座、日本の中枢機関が建ち並ぶ霞が関や永田町があり、道路は新幹線などの列車が行き交う線路の上も越え、東京タワーのすぐそばも通る。近代的な高層ビルが建ち並ぶ場所も通るが、江戸城の面影を残す場所も通るので、車中から新旧の景色が楽しめる。浜離宮恩賜庭園や芝公園の緑、春には千鳥ヶ淵の桜も眺められるし、昼と夜で異なる景色も楽しめる。これほどバラエティー豊かな景色を短時間で楽しめる展望台は、おそらく他にないだろう。

 
◆内容紹介
本書では、2020年に再び開かれる東京オリンピックに向けて、新たな段階に立った首都高速について、建設・運営・保守の舞台裏を余すところなく解説する。とくに2015年春に全線開業予定の中央環状線については、首都高速道路会社の全面協力を得て山手トンネルの未開通部分も含めて取材。詳細に解説した。
川や海の上にどう建設したのか、渋滞はどう測定しているのか、保守・点検はどう行われているのか、といった基本的なポイントから、箱崎JCTはなぜ複雑になったのか、山手トンネルはなぜ上り下りが多いのか、といった建設の経緯をたどる「裏話」まで、これまで知られていなかった情報も満載している。
都心環状線から、羽田線、横羽線、湾岸線、深川線を経て中央環状線へ。建設史の流れに沿って、実走スタイルで首都高速の技術をガイド。読んで楽しい科学のドライブへ、さあ出発!