サッカー
一流はどこまでも結果にこだわる! W杯に向けて最終段階に入る日本代表の評価基準とは
〔PHOTO〕gettyimages

2013年の日本代表の活動は、11月19日のベルギー戦で終了となりました。同時に、ワールドカップ出場国がすべて出そろい、来月上旬には本大会の組み合わせが決定します。2013年もあと1ヵ月ほどとなり、ワールドカップへ向けた出場国の強化は最終段階に入っていきます。

アルベルト・ザッケローニ監督率いる日本は、どのような状態にあるのでしょうか。

常に結果が問われる代表戦

オランダと対戦した14日の試合前に、サポーターがメッセージ性の強い横断幕を掲げました。ここ最近の試合内容はもちろん、ザッケローニ監督の選手選考や選手起用などへの不満を示したものです。

そのオランダ戦で2点を先行されながら引き分けたことで、向かい風にさらされていたチームは落ち着きを取り戻したようです。少なくともメディアは、チームが浮上するきっかけをつかんだと報道しています。

これからワールドカップに向かっていくチームを、どのように評価すればいいのか。

私は結果を重視します。

数多くの試合を消化し、どれだけ勝点を稼いだかを競うリーグ戦なら、試合内容も大切です。しかし、代表は1試合、1試合が勝負です。常に結果が問われるのです。

過日、17歳以下(U-17)のワールドカップが開催されました。日本もアジア予選を勝ち抜いて出場し、グループステージを首位で突破しました。

決勝トーナメント1回戦の相手は、スウェーデンでした。それまでの戦いぶりを比較すれば、日本が有利との見方が広がっていました。

ところが、日本は1対2で敗れてしまうのです。

この試合で日本は、75%ものボール支配率を記録しました。ピッチ内でゲームが進行している時間の4分の3は、日本がボールを持っていたわけです。

自分たちがボールを支配していれば、相手に攻められることはありません。つまり、失点をする可能性がない。世界中でボール支配率が重視されるのはそのためで、ワールドカップでここまでの数字を残したのは、掛け値なしに評価されるべきす。若年層の強化にも携わってきた私は、「日本もここまでステップアップしているのだ」という思いを強く抱きました。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら