町田徹「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

このままじゃ国交省の思う壺!? 発着枠を巡るJAL対ANAの泥仕合

2013年11月19日(火) 町田 徹
upperline
[Photo] Bloomberg via Getty Images

 日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)がまたまた、水面下で、政治家、官僚、学者、マスコミの支持をとりつけようと激しいロビイング合戦を繰り広げている。

 直接の引き金は、国土交通省が先月、羽田空港の国際線発着枠の配分で「11対5」とANAに破格の大盤振る舞いをしたことだ。
 この発着枠は、1枠が年間50億円を稼ぐと言われるドル箱である。

JALもANAも、戦う相手を間違えている

 JALは直後の記者会見で、植木義晴社長が「根拠が不透明。次のステップを考えざるを得ない」と行政訴訟すら厭わない姿勢を見せて見直しを要求し始めた。
 再度の意見書提出も含めて、何らかのアクションを月内にも打ち出す公算が高い。

 対するANAにとっては、国策救済によって世界有数のエクセレント・カンパニーに生まれ変わったJALが次々と繰り出す運賃の値下げや新型航空機の導入は大変な脅威。大差の発着枠獲得にも「この程度では是正措置として不十分」と1歩も譲らない。
 結果として、両社のロビイング合戦は泥沼の様相を帯びている。

 しかし、両者は闘う相手を間違えているのではないだろうか。

 

次ページ  そもそもの事の発端は、まだ自…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事