政局
ミスキャスト!?安倍政権2年目を前に能力が問われる森・田村・石原3大臣の「実力」
発足当時の現内閣 [Photo] Bloomberg via Getty Images

 安倍政権は年末で発足から1年を迎える。

 内閣支持率を見ると、朝日新聞の世論調査で昨年暮れが59%、今年11月が53%、読売新聞では65%→64%---と、発足当初とほぼ同じ高水準を維持し、極めて好調だ。

 日銀総裁に黒田東彦に起用し異次元の金融緩和を実現(4月)、2020年東京五輪招致成功(9月)、最近では減反政策の廃止、原発事故処理への国費投入と、国民がなるほどと思う積極的な政策展開を重ねるかたわら、靖国神社への参拝を自粛するなど「安倍カラー」を抑制していることが奏功しているのだろう。

 だが、閣僚の面々はどうか。閣僚の能力は1年も務めているとはっきりしてくる。

答弁がぶれまくる森特命担当相

 日々、評判を落とし「明らかにミスキャスト」と言われているのが今国会の最重要法案である特定秘密保護法案を担当している内閣府特命担当相・森雅子だ。
 森の発言のブレは枚挙に暇がないがないが、合点がいかないのが与党議員の質問に対して失言していることだ。

 当たり前のことだが、与党議員の質問は優しく、かつ質問通告も丁寧に行って、言わば"出来レース" だ。
 なのに、森は失敗している。

 たとえば、8日の衆院国家安全保障特別委員会で公明党の大口善徳が国家公務員の情報漏えいをめぐる報道機関への捜索の可能性についてただしたのに対し、森はこう答えた。

「国民の知る権利に資する報道、取材の自由を尊重していくと規定したわけだから、報道機関のオフィスなどにガサ入れが入るということはない」

 これに対し、法相・谷垣禎一は11日の特別委で「具体的な事例に則し、検察で判断すべきものだ。一概に申し上げることは難しい」と家宅捜索を否定せず、国家公安委員長・古屋圭司も「個別事案に即して判断する必要がある」と語った。
 こう指摘されて森は12日の閣議後の記者会見で「一般的には捜索などに入ることはないと答えた」と釈明した。

 森が担当相に決まったのは9月17日の閣議。その理由を官房長官・菅義偉は記者会見で「弁護士でもある森氏が担当相として適任だと首相が判断した」と説明した。この日から約2カ月間、勉強するに十分な時間があったはずだが、成長の跡が見られない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら