[アイランドリーグ]
中日2位・又吉、目指すは“便利屋”

~ドラフト指名選手紹介~

 9シーズン目を終えた四国アイランドリーグPlusから、今年は2選手が10月のドラフト会議で指名を受け、NPB行きの夢を叶えた。中日2位の又吉克樹(香川)と、オリックス育成1位の東弘明(徳島)である。

 特に又吉は独立リーグの選手としては史上最高の指名順位(これまでは2009年オリックス4位の前田祐二(BCリーグ・福井)が最高)で高評価を受けた。NPBでのさらなる飛躍が望まれる指名選手から、又吉のアイランドリーグでの成長ぶりを紹介する。

無名から1年で急成長

中日の担当スカウトは「クロスファイアのボールに威力があり、即戦力」と期待している。

 ドラフト会議当日、指名されるかどうかドキドキする間もなく自らの名前が呼ばれた。
「“えっ、もう出たの?”とビックリしました。あまりにも驚いたので、うれしくて涙が出るとか、そういった感情になれなくて、ただただ笑ってしまいました」

 順位は本人の想定以上だったかもしれない。だが、ドラフト会議を前にして指名は確実とみられていた。サイド気味のフォームからキレのある速球とスライダー、フォーク、チェンジアップを投げ込む。コントロールもよく、前期だけで7勝。最終的には13勝をあげ、最多勝に輝いた。

 NPB各球団のスカウトがこぞって熱視線を送り、指名の検討材料となる調査書は11球団から送られた。1年前、岡山のIPU環太平洋大時代は無名だった沖縄出身の右腕が、アイランドリーグでの1年でまばゆい光を放ったのだ。

「開幕前のオープン戦で広島2軍相手に好投して、NPBのスカウトに注目され始めたのですが、まさか、ここまでのピッチャーになるとは思いもしませんでした」
 西田真二監督も目を丸くする成長曲線を描いた。

 又吉のピッチャー歴は浅い。高校時代は内野手で、バッティングピッチャーで投げていた程度。練習でたくさん放るため、本人曰く「ラクに投げられるところを探していた」結果、今のフォームにたどりついた。大学入学後にピッチャーに取り組んで今年がまだ5年目である。最初は球速が110キロ台しか出なかったのが、今やMAX148キロになった。即戦力の力を有しながら、さらなる伸びしろを感じさせるところも高い順位につながった。