[ボクシング]
杉浦大介「チャーリー太田と八王子中屋ジムは世界の階段を昇れるか」

故郷での2勝目は完勝

チャーリーと八王子中屋ジムのアメリカ挑戦もこれから佳境に入ろうとしている。Photo By Kotaro Ohashi

「あと1戦を挟んで世界タイトルに挑戦させる」

 戦いを終えたばかりのチャーリー太田の隣に立ったルー・ディベラ・プロモーターは、リング上でのテレビインタヴューで力強くそう答えた。

 11月9日にニューヨークのブルックリンで行なわれたスーパーウェルター級のノンタイトル8回戦で、東洋太平洋王者のチャーリーはここまで17勝(9KO)6敗のマイク・ルイスに判定勝ち。序盤からいつになく積極的に前に出て、左右の強打を顔面、ボディの両方に打ち込み、相手に主導権を渡さなかった。

 試合は絶えず一方的で、1人のジャッジがドローを付けたのが信じられないほど(採点は78-74、77-75、76-76の2-0)。ニューヨークで生まれ、東京でボクシングを学んだ異色の王者は、故郷で昨年3月に続く2勝目(通算戦績は26戦24勝(16KO)1敗1分)を挙げた。

被弾するシーンもあったが、とにかく前に出たチャーリーの力強い攻撃が目立った。Photo By Kotaro Ohashi

「7月に同門の荒川仁人が世界ライト級暫定王座決定戦で壮絶な打ち合いを演じたのを間近で見て、チャーリーも勉強したんじゃないかな。倒せなかったが、今日はお客さんを喜ばせるというプロとして大切なことはできた。チャーリーの試合から観客の雰囲気が変わったからね」
 所属する八王子中屋ジムの中屋廣隆会長は「技術的にもまだ足りない部分は多い」と前置きしながらも、チャーリーのアグレッシブな姿勢を褒め讃えた。