佐藤優さんに質問「社会人に必要な対人能力とはなんですか?」ほか

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol024 質疑応答より

これはしておいてよかった、また、しておいとけばよかったという親孝行がございましたら教えて頂けないでしょうか?

(略)佐藤さんが他誌に連載中の人生相談の中の…(略)…お答えに非常に心が動かされ、同じく私が小さかった頃や、当時もっと元気だった親の姿や共にいた亡き祖父母のことまでもよく思い出すようになりました。

父は退職してから数年が経過し、母親も還暦を迎える齢になり、私も2年後には30歳になろうとしています。さらに、…(略)…年に1週間も会えたら御の字という状態です。年に7日しか会えないと計算すると、同じ空間で実時間を共有できる日数はもう200日にも満たないのではないかと考えてしまいます。…(略)…両親が元気な内にもっとできることがあれば、なるべく行いたいと考えています。佐藤さんのお考えをお聞きしたく存じます。(匿名希望)

【佐藤優さんの回答】 親孝行については、愛情、信頼などと同じように、抽象的な一般論で語ることはできません。具体化して考える必要があります。あなたが持っている時間、お金の余裕の範囲内で御両親のために具体的な行動を取ることです。例えば、休みに御両親のところに遊びにいくことです。

なお、親がいちばん望むのは子どもが幸せに生活していることなので、あなた自身が充実した生活を送ることが何よりの親孝行になります。

仕事ができる人物の靴は高価で綺麗なものであるというイメージをお持ちでしょうか。

〔PHOTO〕Think stock by Getty Images

…(略)最近、できるビジネスマンの靴は高価であり、常に磨かれピカピカであると、明確な論拠がない割りには言い切っているようなタイプの(他にも、お金持ちは長財布を使っている、その人の年収と信頼性の度合いは確実に比例しているなど)ビジネス書とも自己啓発ともいえないようなよくわからない法則性の本をよくビジネス書コーナーで見かけます。

私の周りでは靴は常に綺麗で高価そうに見えるものの仕事の評価はイマイチの社員、また、ある大手企業内では、周りが仕事をしている最中に、オフィス内で突然自分の靴磨きをする役員クラスの幹部などを目にしたことがあります。一方では、靴はたいして綺麗とはいえずカカトの部分の削れは目立つものの、非常に頭がキレるタイプも周りにいます。

そのため、どうもそのような法則に首をかしげてしまいます。が、一方でそのような言説を気にしている自分もいます。ぜひ、佐藤さんのご意見をお聞きしたく存じます。(匿名希望)

【佐藤優さんの回答】 欧米でもロシアでも、靴で、その人の所得水準を図る傾向が強いです。もっとも高価で綺麗な靴を履いている人が、仕事が出来るということではありません。どんなに靴が綺麗でも、仕事ができない人は評価されません

もっとも靴を小綺麗にしておくことは、悪いことではありません。
私は靴や服にはほとんど関心がありません。靴は、気に入った靴(それほど高くない)を何度も修理して使っています。修理代の方がもともとの靴よりかかっているのですが、履き慣れた靴をなかなか手放す気にはならないのです。

靴や鞄を修理して使うというのは、ロシアに住んでいるときに身についた習慣です。

社会人に必要な対人能力とはなんですか?

…(略)再度質問させて頂きます。私が苦手なのは人との雑談を中心とした会話です。事務的な会話は問題ないと思うのですが、それ以外の何でもないような雑談になると、会話が続かなかったり、盛り上がらなかったりする事が頻繁に有ります。それ以前に、人は会話が下手くそだと他人と良好な関係を築く事は難しいのでしょうか。(匿名希望)

【佐藤優さんの回答】 仕事の会話には支障がないが、雑談に弱いというのは、教養の幅が狭いからです。手当たり次第に本を読んで、知識と教養の幅を広げましょう。そうすれば雑談のときの「引き出し」が増えます。

そして、肝心の2つ目の質問になるのですが、社会人としてやっていく上で重要な対人能力って何でしょうか。会話力もその中に含まれるのでしょうか。簡単な具体例を挙げて説明して頂けたら幸いです。よろしくお願い致します。

【佐藤優さんの回答】 対人能力の大部分を占めるのがコミュニケーション能力です。私の近著『人に強くなる極意』(青春新書インテリジェンス)に具体的なアドバイスを載せているので目を通してみてください。