伝説の名プロデューサー(『男はつらいよ』『白い巨塔』…)の「ドラマ馬鹿」人生
現在「彩の会」の代表を務める小林浩司さん。「渥美さんからは自宅にもよく電話がかかってきていました」

「昨年11月に79歳で亡くなったあとで分かったのですが、父は自分で設立した、この『彩の会』という番組制作会社の1億円超の支払いを個人で立て替えていたんです。その債権を私が個人的に相続することも、会社が立て替え金を返済することも難しく、今年9月に会社を一度清算し、再出発することにしました」

こう語るのは制作会社「彩の会」代表・小林浩司氏。浩司氏の父で、『男はつらいよ』(’68年)『白い巨塔』(’78年)など日本を代表するドラマを手掛けてきた小林俊一氏は、テレビ史に名を残す名プロデューサーだった。

小林氏は’59年、フジテレビに1期生として入社。クレイジーキャッツが時事問題をコント仕立てで見せる『おとなの漫画』をはじめ、バラエティ番組のAD、助監督を経験した。コメディ担当となったのは、同期にのちに吉永小百合と結婚する岡田太郎氏などドラマ制作の名手がそろっていたからだという。その後、小林氏もドラマプロデューサーに転身する。

『男はつらいよ』のテレビドラマ版(’68年)で演出、プロデューサーを、映画版(全49作)4作目では監督を務めた小林氏はいわば同作の生みの親。「渥美(清)さんでおもしろいことができないか」と企画はスタートした。

「父は大学時代、劇団をやるため、浅草の四畳半に7人で暮らしていて、いろんな人と面識があった。その関係で渥美さんと知り合い、惚れ込んでいたみたいです」(前出・浩司氏)

同作の舞台を決めるため、山田洋次監督と渥美、小林氏の3人で関東の町を歩き回った。一度は浦安に決まりかけたが、柴又を歩いているときに、「ここ、渥美ちゃんがふらっと出てきそうだよね」と盛り上がり、作品の舞台が決まった。

車寅次郎の、帽子にハラマキという〝テキ屋スタイル〟は小林氏が美術担当と話し合って隅から隅まで決めた。小林氏は、「寅次郎のバカバカしい性格は自分が作り、エスプリが利いたところは山田さんが作った」と言っていた。

「本人も寅さんみたいな人でした。監督(小林氏)はオヒョイさん(藤村俊二)と仲良くしていたんですが、オヒョイさんが車を買ったすぐ後、友達とその車をかついで隠してしまったことがあったそうです」(「彩の会」関係者)