雑誌
美人すぎるアナリスト(三井智映子(31))に教わる「NISAで儲ける法」
早大時代から、独学で投資を始めたという三井氏。10月、「ゼロからはじめる株式投資入門」を上梓〔PHOTO〕會田 園

最近テレビCMなどでよく耳にする「NISA(ニーサ)(少額投資非課税口座)」。年100万円以下の投資の運用で儲けたカネには税金が掛からないという制度だ。10月1日の口座開設初日には、実に358万件の申請があったと聞けば、興味もわく。「ヤフー! ファイナンス」の株価予想などで活躍する超美人金融アナリストの三井智映子氏に「素人でもトクする方法」を聞いた。

軍資金は10万円でもOK

―まったくの初心者なので、「投資」と聞いただけで敷居が高いのですが。

「来年の1月から始まるNISAは、株や投資信託をしたことがないビギナーにこそ、興味をもってほしい制度です。投資である以上、リスクはありますが、投資枠が毎年100万円と決まっているため、大ヤケドも負いづらい。100万円の投資枠をフルに使う必要はないので、10万円の軍資金で始めるのもいいでしょう。NISAは家計のリスクヘッジにも向いています。大半の人はおカネを預貯金しているだけですが、これは資産のすべてを円に投資しているのと同じこと。NISAでは外国株も非課税枠の対象になるので、アメリカのグーグルやマクドナルドといった優良株を保有することで今後大幅な円安になったときのリスクを分散できます。現状、投資の儲け分にかかる税金は10%に軽減されていますが、来年1月からは20%に戻ってしまいます。だからこそ、いまNISAなんです」