中卒で世界銀行のコンサルタントに!? 押し寄せる"学歴不問化"の波

〔PHOTO〕gettyimages

名門PhDの技能を凌駕する高校中退者

カタールの世界教育改革サミット(WISE)で出会った世界銀行の幹部から面白い話を聞いた。

全額奨学金でシカゴ大学を卒業し、MITでコンピューターサイエンスの修士号を取り、アフリカでIT技術を使った教育支援の陣頭指揮を執っているその世銀の幹部が、「保守的で官僚的な世銀人事も、少なくともIT分野では変わらざるを得ない」というのだ。

世界銀行の採用基準は、よく知られているように、最低でも修士号学位が必要で、PhDが望ましいとされている。しかし、IT分野で最近採用された人物が世界の変化を物語っている。

「最近、面接した若者が最高に面白かった。修士号どころか大学も出ていない。大学どころか高校も中退。つまり中卒だ。しかし、彼はすでにIT関連で二社を立ち上げて、二社目を大手IT起業に売却して一生安泰、というより10回以上人生を安泰に暮らせるくらいの財を築いていた。

そして『私はもうお金の心配をしなくていい。純粋に世界の役に立ちたいから民間企業ではなく、世界銀行で世界の役に立ちたい』と面接で熱く語った」

そう語る世銀の幹部は、その若者を採用したいと思ったが、世界銀行の内規では、中卒を採用できない。そこで、その若者の実力を試してみようと、世銀の技術トップと仕事をしてもらったところ、名門大PhDが「我々のチームで彼の能力に太刀打ちできるものはいない。レベルが違う。チームにプラスになる戦力だ」と言ってきたのだという。

そして、中卒で世銀を受けに来たその若者は正社員ではないが、コンサルタント(非正規採用)として採用された。

「今のアメリカにはこのような人物がゴロゴロいる。特にIT技術を駆使して何かを作ることに目覚めた人材は、今ある学校に自分の居場所を見つけられない。本当に世間に役立つ能力を持っている人物が大学を受けて、博士課程までいるということは考えならない。

結局コンサルタント採用になったが、彼のような人材こそこれからの世銀が逃してはならない人材だ。世銀の保守的な学位主義を変えなければならない。学位が必要な仕事もあるだろうが、学位がなくても実力が図れ、実力があれば学位にこだわる必要のない分野もある。そこは柔軟に対応すべきだ」

彼は、世銀の官僚制に不安を述べるようにそう語った。

高い技能を自律的に獲得してきた若い世代は今後増えるだろうし、その技能が活かせる場所は民間でも政府でも国際機関でも増えてくるだろう。もちろん、起業となれば、学位は必要ない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら