[BCリーグ]
信濃・岡本哲司監督「明確となった来季への課題」

 私にとって、BCリーグでの初めてのシーズンが終了しました。選手の育成や周りの環境など、NPBとはまた違った良さを体験することができました。特に、選手ひとり一人とじっくりと向きあうことができたのは、私にとっては非常にいい経験となりました。各選手を伸ばすためには、自分は何をしたらいいのか。そのことをたくさん考えたシーズンでもありました。

 信濃グランセローズは前期は上信越地区の最下位でした。故障者が多く出た中で、戦力が整わず、勝つための準備ができなかったのです。一方、後期は戦力自体は十分にありました。7月末から8月頭にかけては、7連勝も達成しました。しかし、結果的には優勝には届かず、地区2位。しかも、群馬ダイヤモンドペガサスとの通年での2位争いにも敗れ、プレーオフ進出もできませんでした。

 最大の要因は、1番が固定できなかったことにあります。候補は何人かいたものの、最後まで固定できるほどには、どの選手も成長しきれなかったのです。しかし、結果を出すには経験の積み重ねが必要です。ですから、今季の経験が、必ず来季に活きると考えています。

 一方で手応えを感じた部分もありました。チーム成績を見ると、四球は283と6球団の中で最多です。これは逆に言えば、自分が打てるボールを初球からしっかりと打つことができていることの証です。自分が打てない、ボール球を振っているようでは、四球にはなりません。つまり、バッターが自分のストライクゾーンを確立し、なおかつピッチャーのストライクゾーンも把握している。だからこそ、自分の打てるボールなのか、ボール球なのかを見極めることができ、その結果、ボール球を振らずに四球となったのです。

 これは生還率にもつながります。投手というのは、バッターにヒットを打たれないように、球種やコースを駆使して投げます。ところが、ヒットではなく、四球でランナーを出すと、ピッチャーの心理は「ヒットを打たれないように」から「四球を出さないように」と変わるのです。つまり、いつも通りの心理で投げられなくなり、ピッチングの乱れにつながりかねません。ですから、ヒットで出塁したランナーよりも、四球で出塁したランナーの方が、生還率は高いのです。

 しかし、BCリーグには今季、最多勝、最優秀防御率のタイトルを獲得した新潟アルビレックスBCの寺田哲也投手(作新学院高-作新学院大)などのように、ほとんど四球を出さないピッチャーがいます。そういう場合は、厳しいボールでも打てる技術が必要になってくるのです。