[裏方NAVI]
佐藤尚(東洋大学駅伝部コーチ)<前編>「練習と対話の中にこそある原石の光」

 日本の正月の風物詩ともなっている「東京箱根間往復大学駅伝競走」(箱根駅伝)。来年1月には90回を迎えるこの大会に、70回以上出場しているのが東洋大学だ。今や、毎年のように優勝候補に挙げられている同大だが、初めて総合優勝を手にしたのは、今からわずか4年前の2009年のことだった。60年以上も辛酸を舐め続けてきた同大を強豪校に押し上げたひとりが、指導者として、スカウトとしてチームに携わってきた佐藤尚コーチである。今回は佐藤コーチの選手の力を見抜く“目”に迫る。

エネルギーがあふれ出ていた柏原

 4年前の箱根駅伝で鮮烈なデビューを飾り、4年間で3回の総合優勝に導いたのが柏原竜二(富士通)だ。“新・山の神”と謳われ、箱根駅伝の歴史にその名を刻んだ柏原だが、高校ではインターハイ、国民体育大会、全国高校駅伝のいずれにも出場したことはなく、まったくの無名だった。その彼を東洋大にスカウトしたのが、佐藤だ。

 佐藤が初めて柏原を知ったのは、柏原が高校2年の時だった。ある競技会で佐藤の目に留まったのだ。その後も何度か競技会や駅伝に足を運ぶとともに、現東洋大監督で、当時は福島で高校の教師を務めていた酒井俊幸からも柏原の情報を得ていた佐藤は、彼のがむしゃらさが気に入った。だが、それだけで決めたわけではない。佐藤は、必ず本人と話をし、対話の中で感じた選手の印象を大事にしている。

「話をすると、徐々に選手の本音が見えてくるんです。もちろん、最初は緊張もしているだろうし、先生からアドバイスされたセリフを言うんでしょうけど、たわいもない話をしているうちに、ポロッと出てくるものなんですよ。そこでいい面も悪い面も、人間らしさが見えてくる。それが重要な判断材料となるんです」

 柏原はというと、彼は福島県立いわき総合高校のグラウンドを訪れた佐藤に対して隠すことなく、自分の思いをぶつけてきたという。それは後先考えず、前半から飛ばす走りのスタイルとも相似しており、佐藤には感じるものがあった。
「柏原は、“大学で走りたい”という熱い気持ちが、体からにじみ出ていました。当時、彼に声をかけてきた大学はひとつもなかった。だから私に声をかけてもらったのを意気に感じたんでしょうね。“今すぐにでも走りたい”と訴えかけるような感じでしたよ。“これは面白い選手だ”と思いました」

 大学入学後の柏原の活躍は周知の通りである。初めての箱根で5区を走り、8人のごぼう抜き。07年に同郷の先輩である今井正人(当時順天堂大)がマークした区間記録を47秒も更新する快走で、4分58秒差を逆転し、同大を初の総合優勝に導いた。“新・山の神”の誕生の瞬間だった。4年連続で5区を出走した柏原は、いずれも区間賞を獲得し、トップでゴールテープを切って往路優勝を達成。3年時を除き、3度の総合優勝に貢献した。

 佐藤が柏原をスカウトして成功だったと思えたのは、何もレースの結果だけではない。彼の存在感もまた、大きかったと感じている。
「柏原は4年生でキャプテンに就任しましたが、特に話がうまいわけでもなかったし、キャプテンシーがあったわけでもなかった。ただ、存在感はずば抜けていましたね。とにかく『勝ちたい』という気持ちが溢れていた。練習はもちろん、生活においてもそうでした。そんな彼が醸し出していた雰囲気が、他のメンバーにもいい刺激を与えていたんだと思いますよ。言葉がなくても、彼は立派にキャプテンとしてチームを牽引してくれました」