経済/企業

雑誌
頭取のクビは必ずとられる みずほスキャンダル これで済んだと思ったら大間違い
〔PHOTO〕gettyimages

大山鳴動して鼠一匹。業務改善命令から社内処分までの1ヵ月を表現するならこんな感じだろう。それもバックに金融庁が付いていればこそ、だったのだが、どうやら風向きが変わり始めたようで—。

処分が甘すぎる

「ちょっと考えられない。驚きを隠せませんね」

みずほ銀行と暴力団を巡る一連の問題で、みずほ側が社内処分を発表。同時に金融庁に対し、第三者委員会による調査報告書を提出した。その処分内容を「考えられない」と語ったのは、旧大蔵省OBで検査官として銀行の金融検査に臨んだ経験をもつ嘉悦大学教授の髙橋洋一氏だ。

「みずほの現幹部たちは『問題の詳細を認識していなかった』などと言い訳していますが、結果としてウソをついたわけでしょう。金融機関として信用問題に関わる致命的なトラブルです。トップを全部、入れ替えるのが普通ですよ。

銀行幹部が高い報酬をもらっているのは、責任を取るため。急に無職になるリスクがあるから、佐藤(康博)頭取などは報酬が年間1億1600万円もあるわけです。それなのに半年は無報酬で働くからと、おカネで解決して地位にしがみつこうなんて、本末転倒。