[格闘技]
近藤隆夫「ヒクソン・グレイシーインタビュー『本当はヒョードルと闘うはずだった』」

老いを感じない400戦無敗の男

ヒクソンと筆者。『クロン・グレイシー柔術アカデミー』の前で。

 ヒクソン・グレイシーが現役を引退すると発表したのが2006年だったから、それからもう7年が経ったことになる。ラストファイトは2000年5月26日、『コロシアム2000』(東京ドーム)での船木誠勝戦……それから数えれば13年。長い歳月が経過した。

 ヒクソンはどうしているのだろうか?
 久しぶりに彼と話したいと思い、連絡をとり、先日、ロスアンジェルスで会った。

 現在、ヒクソンは故郷リオ・デ・ジャネイロに戻って暮らしている。だから、サンタモニカ近くにあった彼の道場『ヒクソン・グレイシー柔術センター』は、すでに閉じられている。その代わりに25歳になった彼の息子クロンが、ロスアンジェルス近郊の街カルバーシティに『クロン・グレイシー柔術アカデミー』を開設した。

 そこには、ヒクソンもよく顔を出している。リオ・デ・ジャネイロとロスアンジェルスをよく行き来しているようだ。私たちはクロンの道場で待ち合わせた。

 ヒクソンは今月(11月)21日に54歳になる。だが、私の前に現われた彼に老けたイメージはなかった。現役を引退した後も、好きなエクササイズ、スイミングにサーフィン、それに柔術のトレーニングも続けているようで、シェイプされた肉体を保っていた。

 ただ、目が少し優しくなったように感じた。それは笑顔を浮かべていたからだけではないだろう。闘いから解放されると、人の顔は変わる。