女性による女性のための起業支援プラットフォーム「Plum Alley」

女性起業家をサポートするワンストップ型プラットフォーム「Plum Alley」のトップページ

3つの機能を融合させた注目のプラットフォーム

女性と起業・テクノロジーをつなぐメディア「Women 2.0」や女性のためのグローバルコミュニティ「Womensphere」など、女性起業家や女性イノベーターを支援するプラットフォームは様々にありますが、資金調達の専門家Deborah Jackson氏が米ニューヨークで創設した「Plum Alley」は、Eコマース・クラウドファンディング・プロフェッショナル人材とのネットワーキングという3つの機能を融合させた女性起業家向けプラットフォームとして、注目されています。

言わずもがな、新しい事業をスムーズに立ち上げ、持続的に運営するためには、顧客層へのリーチ、資金の調達、専門的な助言・サポートが不可欠。「Plum Alley」は、これら起業に必要なリソースへの橋渡しをすることで、女性起業家の事業創出を後押ししようと考えています。

また、「Plum Alley」は、このプラットフォーム自身が堅実なプロセスで進化している点も特徴です。

まずは、2012年9月に、女性が創業した企業のみが出店できるEコマースサイトを開設。女性起業家に商品・サービスを販売する場を提供してきました。このサイトでは、女性起業家たちの起業ストーリーやブランドコンセプトなどを紹介するとともに、アパレル・アクセサリー・ビューティー用品・ベビー用品などをオンライン販売しています。

Plum Alleyのオンラインショッピングコーナー

約1年間におよぶEコマースの運営実績を経て、2013年10月22日、いよいよ、女性起業家のためのクラウドファンディングプラットフォームがオープンしました。代表的なクラウドファンディングサービス「キックスターター(Kickstarter)」と同様、資金調達開始時に設定した目標額を達成した場合のみ資金が得られる「オール・オア・ナッシング」方式を採用しているほか、出資額に応じて報酬を設定できるなど、基本的な仕組みは、既存のクラウドファンディングプラットフォームを踏襲しています。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら