[サッカー]
大野俊三「ドーハ戦士に課せられた使命」

“ドーハの悲劇”から、この28日で20年――。今でも、サッカーの試合を見ていて、拮抗した展開でアディショナルタイムに入ると、フッと当時の状況を思い出しますね。特にイラクに同点弾を奪われた瞬間は、今でも鮮明に覚えています。

オフトジャパンに足りなかった“ずるがしこさ”

 私はベンチ前で他の控えメンバーと肩を組んで戦況を見守っていました。時間が経過する中で、ピッチ上の選手たちに「このまま終われ!」と声をかけていました。もう少しでW杯に行ける状況で、はしゃがないように最後まで冷静さを保とうとしていたんです。

 ところが、同点弾を奪われてしまった。私はチームメイトと肩を組んだまま、呆然と立ちつくしました。そして、試合終了。「え? オレたち、W杯行けないの?」。これが、正直な感想でしたね。一瞬のうちにW杯出場を逃してしまったことが、信じられませんでした。勝負事では「最後まで何が起こるかわからない」とよく言いますが、ドーハではそれを思い知らされました。

“ドーハの悲劇”は、日本にまだ足りない部分があったということでもあります。そのひとつは「ずるがしこさ」。オフトジャパンのコンセプトは、最後まで攻める姿勢を見せるということでした。もう1点を決めて突き放そうとした結果、イラクにボールを奪われ、同点弾につながってしまったのです。

 あの時、ゴールを狙いに行くべきだったのか、今になってみれば疑問に思います。1点リードしていて、残り時間が少ない状況では相手陣内深くでキープしていてもよかったんじゃないかと。リードしている展開での、試合の終わらせ方があの時はまだまだ未熟でした。状況に合わせた試合運びの重要性を、日本サッカー界が考えさせられる転機となったのは間違いないでしょう。

 その成果か、今は高校サッカーでもアディショナルタイムでの試合運びのうまさが見られるようになってきました。これは20年前の教訓が、日本サッカー界全体に浸透しているからだと思います。そして、A代表はW杯常連国になりつつある。ドーハが日本サッカーに足りない部分を見直すきっかけとなり、その後の躍進につながっているとしたら、試合に携わっていたひとりとして、とても誇らしく思います。