[プロ野球]
上田哲之「田中将大とマイケル・ワカ」

 まずは、あの“有名な一球”について、振り返っておこう。10月27日の日本シリーズ第2戦。東北楽天の先発は田中将大、巨人は菅野智之である。試合は田中、菅野ともに譲らず、0-0で進んでいく。そして6回表の巨人の攻撃。負けない大エース、今季24勝0敗の田中が、2死満塁のピンチを招く。迎える打者は、ホセ・ロペス。

 もしかしたら、2013年の日本野球で最も有名なシーンかもしれないが、一応、再現しておく。
① 外角高目 ストレート ストライク 149キロ
② 外角高目 ストレート ファウル 151キロ
③ 外角高目 ストレート ボール 150キロ
④ 外角高目 ストレート ファウル 152キロ
⑤ 真ん中高目 スプリット ファウル 141キロ
⑥ 外角低目 スプリット ボール 141キロ
 これで、カウント2-2.さて……。
⑦ 内角高目 ストレート 152キロ 空振り三振!
 7球目のインハイは、まさにビシーッと決まって、ロペス、どうすることもできない。何度見ても、すごいボールである。

 ここで、工藤公康さんの名解説も引用しておこう。
「6球目、ロペス選手の左足を見てもらいたい。明らかにアウトコースに体重がいっているので、前に踏み出しているわけです。これを見た嶋選手が『スプリットも見極められた、ストレートもいい当たりをされている。これはもうアウトコースは厳しいな』と。ここで何を選択するかというと、インサイドを選択するのですが‥‥」(10月28日「報道ステーション」テレビ朝日系)
 満塁という状況で、インコースに究極の一球を投げた田中はすごい、という主旨である。さすがプロというべき、繊細な解説だ。ただただ感心するのみ。