[裏方NAVI]
小俣進(セガサミー野球部アドバイザー)<後編>「投手、広報、スカウト……多岐にわたる野球人生」

 17年間、“ミスター”こと長嶋茂雄の専属広報を務めた小俣進。彼がプロ野球の世界に足を踏み入れたのは1973年のことだ。左投手として藤沢商業高(神奈川)から日本コロムビア、大昭和製紙富士を経て、小俣はドラフト5位で広島に入団した。3年後の76年、交換トレードで巨人に移籍する。前年、巨人はV9時代を築き上げた川上哲治の後を継いで、長嶋が巨人軍の監督に就任していた。だが、1年目は球団史上初の最下位に転落。長嶋が血眼になって常勝軍団復活への道を模索していたことは想像に難くない。小俣はそのピースのひとつとして呼ばれたのだ。実際、貴重な左の中継ぎとしてチームを支え、3年ぶりの優勝に貢献した。これが、巨人、そして長嶋との深い縁の始まりだった。

 小俣はその後、ロッテ、日本ハムへと移籍し、85年オフに現役を引退した。1年間の休養を挟んで、87年には巨人のバッティングピッチャーとなった。当時、監督だったのが就任4年目を迎えた王貞治だった。就任以来、3位、3位、2位と、あと一歩のところで優勝を逃していた王にとって、勝負の4年目だったに違いない。その頃の巨人打線は左投手に苦戦していた。そこで小俣に白羽の矢が立ったのだ。
「小俣、左投手に苦しんでるんだよ。オマエ、ちょっと手伝いに来てくれないか」
 小俣に断る理由はなかった。
「はい、わかりました。僕でよければ、喜んでやらせてもらいます」

 とはいえ、実際やってみると、現役時代とはまったく異なる難しさがあった。バッティングピッチャーは、各バッターの要求通りの球種、コースのボールを投げ分けなければならない。だが、それ以上に難しかったのが“打ちやすいボール”を投げることだった。
「やることが、現役の時とまるで逆なんですよ。普通、ピッチャーはバッターに対して打たれないようにするわけでしょう。ところが、バッティングピッチャーはバッターに気持ちよく打たせてなんぼの仕事。でも、これがなかなか……。現役時代は抑えようとして打たれていたのに(笑)、いざ打ってもらおうと思って投げると、意識しすぎるあまり、逆にシュート回転した打ちにくいボールがいったり……1年目のキャンプは本当に苦労しましたね」

 バッティングピッチャーは、ほぼ毎日投げなければならない。しかも、30分以上も投げ続けなければならないのだ。そのためのスタミナは必須だった。「毎日、肩をつくるための遠投や、足腰を鍛えるためのランニングは欠かせませんでしたね。たいしたことではないけれど、現役の時は、バッティングピッチャーがこんなふうにトレーニングしているなんて、まったく知りませんでしたよ」