過ぎたるは及ばざるが如し---人事によって政策を実現しようとする安倍首相の愚
[Photo]Getty Images

自信を持って信じる道を進もうとしている安倍首相

安倍内閣は、支持率も高く、衆参両院もねじれが解消し、安定した政治運営を行っている。野党は、再編の力すらなく、展望が開けないまま、国会の質問も低調である。安倍首相は、お得意のゴルフを例えに出すなど、余裕たっぷりの対応である。

民主党は、野党転落のショックから抜け出せないままだ。野党第一党として、どのような戦略と政策で政権奪還を図るのか、海江田代表の口からは何も語られていない。しかも、細野氏が派閥を立ち上げるなど、遠心力のほうが強くなっている気配すらある。野党をまとめるだけの気力すらうかがえないのが現状である。

維新の会も、堺市長選挙で負けるなど、橋下代表の指導力にもかげりが見えはじめている。もともとポピュリズムで急上昇した人気であるだけに、マスコミが取り上げなくなれば、過去の人となってしまう。石原共同代表との見解のずれも気に掛かる。憲法改正など保守色の強い点が自民党に近いし、政策的に野党なのか与党なのかは定かではない。

みんなの党は、内部分裂の種を残したままである。江田氏など、政党合併などを通じて野党を再編することに意欲的な議員と、渡辺代表のように政党間の協力にとどめたい議員との路線対立がある。みんなの党も維新の会も、かつてのような勢いはない。

社民党も、党首が福島氏から吉田氏に交代したが、党勢の拡大は厳しい状況である。小沢一郎氏の生活の党も影が薄い。共産党のみが、自民党と鮮明な対立軸を打ち出していることもあって、注目を集めている。

そのような野党弱体化という環境のなかで、安倍首相は、保守派ナショナリストとして、憲法改正、安全保障体制の強化など、従来の主張を政策として実現する道を歩み始めた。アベノミクスが一定の成功を収め、国際的な評価も得ているため、自信を持って信じる道を進もうとしているのであろう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら