佐藤優のインテリジェンス・レポート「サウジアラビアの国連安保理非常任理事国ポスト辞退」、「ロシアとオランダの関係悪化」
佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol023 インテリジェンス・レポートより
【はじめに】
英字紙やロシア語の新聞を読んでいると、日本のニュースがかなり「内向き」になっていることを痛感します。特にサウジアラビアが自ら立候補していたにもかかわらず、選出された国連安保理非常任理事国のポストを辞退するというのは、尋常な事態ではありません。
今回の分析メモでは、踏み込みませんでしたが、イランに対する国連の甘い対応と、米国のオバマ政権がイランとの関係正常化に舵を切ろうとしていることにサウジアラビアが不満を募らせているという要因も、サウジアラビアが今回、異常な行動を取った背景にあると私は見ています。それから、オランダとロシアの関係悪化も、国際情勢の不安定要因になると思います。特に外交官の不可侵権が守られないというのは、深刻な事態です。露蘭関係では、近未来にもっと深刻な問題が起きるかもしれません。

【佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」vol023 目次】

―第1部― インテリジェンスレポート
 ■分析メモ No.53 「サウジアラビアの国連安保理非常任理事国ポスト辞退」
 ■分析メモ No.54 「ロシアとオランダの関係悪化」
―第2部― 読書ノート
 ■読書ノート No.69 『外国語上達法』
 ■読書ノート No.70 『レーニン略伝』
 ■読書ノート No.71 『保守とは何だろうか』
―第3部― 質疑応答
―第4部― 文化放送「くにまるジャパン」発言録
―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程
OPCWのwebサイトより

分析メモ No.53「サウジアラビアの国連安保理非常任理事国ポスト辞退」

【事実関係】
10月18日、サウジアラビア外務省は、同17日の国連総会で選出された安保理非常任理事国のポストを辞退するとの声明を発表した。

【コメント】
1.―(1)
国連安保理は、拒否権を持つ5大国(米露英仏中)と地域別のバランス(アジア2、アフリカ3、中南米2、西欧2、東欧1)を考慮した拒否権を持たない10ヵ国の非常任理事国によって構成されている。非常任理事国は2年ごとに5ヵ国ずつ改選される。拒否権を持たない非常任理事国であっても安保理の会議で発言し、影響力を行使することが可能だ。従って、どの国も安保理非常任理事国になりたがるというのが国連の常識だ。サウジアラビアも非常任理事国ポストを得るために精力的なロビー活動を展開していた。

1.―(3)
中東の地域大国であるサウジアラビアは、シリアの反体制派を支援してきた経緯があるので、安保理でシリア問題を積極的に取り上げると見られていた。しかし、翌18日、サウジアラビア外務省が、安保理非常任理事国のポストを辞退するとの声明を発表した。(略)

1.―(4)
(略)サウジアラビアは、国名が「サウード家のアラビア」を意味することからも明らかなように家産国家である。国王の意志によって、対国連政策が変化することは十分ある。同時に、この事件は、国連の権威の低下を物語っている。

2.―(1)
今回のサウジアラビアの対応は、国際管理下でシリアの化学兵器を破棄しようという動きに水を差す。

2.―(2)
10月11日、ノルウエーのノーベル賞委員会は、2013年のノーベル平和賞を「OPCW(化学兵器禁止機関)」に授与すると発表した。1997年に発効した化学兵器禁止条約に基づいて同年OPCWは発足した。この条約は、サリンなど化学兵器の開発、使用を禁止し、現在保有する化学兵器については段階的に全廃することを定めている。(略)

2.―(3)
外交、安全保障、軍事、インテリジェンスの専門家以外には、あまり知られていないOPCWが今回、ノーベル平和賞を受賞したのは、シリア情勢と関係している。8月21日、シリアの首都ダマスカス近郊でサリンが使用された。米政府は、シリアのアサド政権が化学兵器を使用したと断定し、米軍による限定的なシリアに対する武力攻撃を宣言した。これに対してアサド政権は、サリンを使用したのは反政府軍であると主張。アサド政権の主張に同調するロシアが、米国に国際監視下でシリアの化学兵器を破棄することを提案し、それが実現した。(略)

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら