upperline

安藤: 要するに、(特に)学生が多様な働き方を叶える選択肢を知らないということでしょうか? つまり会社で働くか、起業をするか、あとはせいぜい資格を取得して活かす道くらいしか。

本田: そうですね。そして会社で働くといっても、大企業で働くのか、ベンチャーで働くのか、っていう選択肢くらいしかないと思ってるでしょう。

安藤: なるほど。確かに日本では、「規模」で選択することが多いように思いますね。大企業か、中小企業か、ベンチャーかという。

本田: 大企業で働くのは安定しているからとか、そんな理由になってきちゃった。だから、より「権利思考」っていうか、「ワークライフバランス」とか、そういうとこにいっちゃう。

実はそうじゃなくて、働くってもっと面白いことで。俺がよく言っている、「遊びと仕事の垣根をなくす」っていうことを、会社員だとできないと思っている人が結構いるんだよね。

でも、実は会社員でもそれができている人はいるわけで、そういう人たちは、会社っていうプラットフォームを大いに活用して、もっと楽しいことができている。そういうものを、ちゃんと体系立てて、実例もあげて出してあげたいなと思って。

ワークライフブレンド的働き方のすすめ

安藤: 『あたらしい働き方』の冒頭でも、「ワークライフバランスっていう言葉にいまいちピンとこない。平日の夕方就業時間までは、我慢して今の仕事で働いて、アフター5を楽しむ、みたいな分け方を感じる」と指摘されていますね。そうではなくて、仕事もアフター5の遊びも一緒くたにして、ブレンドしていこうよ」という、「ワークライフブレンド的働き方のすすめ」を本田さんは実践、提唱されています。

私も、今は「ワークライフバランス」に共感している人が多いと感じます。これから社会人になる、あるいは社会人になりたての若い世代には、より当てはまるかもしれません。

例えば、最近出会ったある若い男の子にこんな人がいました。彼は上京したばかりのフリーランスなのですが、「深夜帯に働きたくない」「土日の休みはしっかり欲しい」という要求をしていてびっくりしたんです。私は「フリーで働く」=「24時間態勢で遊んで働く」ことだと思っていますから。会社員のようにオンオフがはっきりしている就業形態ならまだしも、フリーランスとしても「ワークライフバランス的なもの」を求めていることが不思議でなりませんでしたね。

次ページ 本田: 「ワークライフバランス…
前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事