[プロ野球]
佐野慈紀「“巨人打線”vs.“楽天投手”」

 クラマックスシリーズ(CS)、ドラフト会議も終了し、今シーズンのプロ野球もいよいよ大詰めを迎えています。残るは日本シリーズのみ。今年はV9時代以来となる連覇を狙う巨人と、創設9年目にして初の頂上決戦に挑む東北楽天との対戦となりました。果たして、日本一の座をつかむのはどちらなのでしょうか。どんな熱戦が繰り広げられるのか、非常に楽しみです。

キーマンは復調待たれる坂本

 さて、今年のセ・リーグのCSファイナルステージですが、巨人が無傷の3連勝であっという間に日本シリーズ進出を決めました。ファーストステージを連勝して上がってきた広島に勢いを感じていましたので、もう少しもつれるかなと思っていたのですが……。短期決戦に入っても落ち着いた戦いぶりを見せた巨人には、リーグ王者の風格が漂っていましたね。

 ファイナルステージで見えたのは、原辰徳監督の信念でした。それが顕著に表れていたのが、第1戦。0-2と2点ビハインドの4回裏、巨人は1点を返し、なおも満塁となった場面で早くもエース内海哲也に代打を出しました。結局、代打・石井義人が空振り三振に倒れて、追加点を挙げることはできませんでしたが、私はその非情なまでの采配が、その後の逆転劇につながったのだと感じました。

 その時の内海は2失点を喫してはいたものの、ピッチング自体はそれほど悪くはありませんでした。そのまま続投ということも、十分に考えられる内容でした。それでもあの場面で迷うことなく代打を送り出したのは、短期決戦の怖さを知っていたからでしょう。レギュラーシーズン2位の中日に、巨人にしてみたら“まさかの”3連敗を喫し、崖っぷちに立たされた昨年のファイナルステージも頭をよぎったかもしれません。だからこそ、原監督は情を捨て、勝負に徹したのです。それは内海も十分に理解していたと思います。

 今季の巨人はレギュラーシーズンでも2位・阪神に12.5ゲーム差をつけて、首位を独走。早々とリーグ優勝を決め、CSでも広島に付け入る隙を与えませんでした。とはいえ、巨人が盤石の体勢だとは言い切れません。投打ともに、不安材料を抱えています。特に先発陣の安定感でいえば、楽天の方に分があります。だからこそ、日本シリーズでのポイントとなるのは、やはり打線ということになります。そこで中軸の村田修一や阿部慎之助はもちろんですが、私が一番注目したいのは坂本勇人です。

 坂本は今季、後半に入って打撃不振の状態が続いています。CSでは第1戦で同点弾、第3戦では勝ち越し打と、勝利に貢献はしたものの、3試合で放ったヒットは、この2本だけ。本人が語っている通り、まだ復調の兆しが見えてきたとは言い切れません。その坂本が日本シリーズで初戦から結果を出すことがあれば、巨人は非常に優位に立てる。チームも勢いに乗ってくるでしょう。