集落を丸ごと買っても540万円…
スペインの「村」、ただいま絶賛売り出し中

ガリシア地方の典型的な村。石造りの大きな家が数軒に、教会がある村も〔PHOTO〕gettyimages

「英国や米国、そしてオランダからも団体がやってきて、村を見学していました。みな買う気満々でしたよ」

そう話すのは、スペイン北西部のガリシア州で、不動産業に従事する男性。いま彼の元には、同州のオペンソ村を「丸ごと買いたい」という問い合わせが殺到しているという。

価格は22万ユーロ(約3000万円)。ロンドンならワンルームしか買えないこの値段で、石造りの家5軒、離れ家数軒、そして約1200坪の土地がすべて手に入るという。

ガリシア州は、貧しい農村が多かったことで知られる。1970年代には、豊かな暮らしを求め、約300万人がスペインの都市部などに移住した。その後、さらに過疎化が進み、いまでは無人に近い村が400もあるという。そのうちいくつかが売りに出され、なかには4万ユーロ(約540万円)で買える村もある。

オペンソ村からさほど遠くないところにあるラ・チャイラ村も、22万ユーロで売り出されている。ガリシア州の都市部で小さなビール醸造所を営む30代の男性は、同村の購入を本気で考えている。

インディペンデント(UK)より

「友達とお金を出し合い、購入しようと思っています。醸造所を造り、ちょっとした観光ビジネスもできるかもしれません」

だが、いくら価格が安いとはいえ、荒廃が進んだ土地を人が住めるように整備するのは容易ではない。この土地の景色に魅せられ、4万5000ユーロで村を買った英国人男性は言う。

「軽い気持ちで村を買うもんじゃないですよ。買ってから実際に住むまでには、もの凄い労力を要しましたから」

COURRiER Japon
2013年11月号
(講談社刊、税込み780円)発売中

amazonこちらをご覧ください。
楽天
こちらをご覧ください