[BCリーグ]
群馬・川尻哲郎コーチ「伸びしろがある発展途上の投手陣」

 私にとって、BCリーグでの初めてのシーズンが終わりました。正直、野球のレベルは思った以上に高いものがありました。特にピッチャーは、各チームのエース級となると、球威、コントロールが良く、レベルの高さを感じました。その中で、来季は監督として指揮を執ることになりました。今季得たことをいかしながら、しっかりとしたチームをつくっていきたいと思っています。

 さて今季、群馬ダイヤモンドペガサスは、前期は16勝18敗2分で上信越地区2位、後期は15勝19敗2分で同3位という結果に終わりました。その中で後期、投手陣に大きな影響を与えたのが、8月に加入した小林宏之(春日部共栄高-千葉ロッテ-阪神)の存在です。小林は周知の通り、NPBで日本一を経験したり、第1回ワールド・ベースボール・クラシックにも出場したこともある一線級の投手です。技術的なことはもちろんのこと、練習の取り組み方についても、他の若い投手にとっては参考すべき点がたくさんあったと思います。

 特に影響を受けていたと思われるのが、3年目の栗山賢(日本文理高-鷺宮製作所)です。グラウンドでは、小林といるところをよく見かけました。詳しいことは聞いていませんが、栗山の方から積極的に小林に話しかけていたのかもしれませんね。NPBの第一線で活躍した小林から、多くのことを学んだことでしょう。

 その栗山は今季、エース級の働きをしてくれました。初の2ケタ勝利(11勝8敗)を挙げ、防御率はリーグでもトップ10に入る2.45をマークしました。しかし、栗山にはまだ修正すべき点があります。フォーム投球です。前期から比べれば、だいぶ良くはなりましたが、それでもまだ完璧とは言えません。

 栗山は体重移動の際に、頭が右打者の方に突っ込んでいくクセがあるため、窮屈なピッチングになってしまいます。頭が正しい位置からブレないようにしなければなりません。そして、もうひとつは骨盤に角度をつけることです。軸足で立ち、踏み出す足を上げて踏み込む際、腰は開いてはいけません。左の骨盤を内側に絞るイメージで、開かずにそのままの状態で着地し、着地してから腰をグッと開くのです。つまり、着地する際にいったん左の骨盤で壁をつくるのです。その時にためた力を利用して投げると、球に勢いがつきます。骨盤の使い方ひとつで、ピッチングはガラリと変わるのです。