サッカー
Jリーグ2ステージ制とテレビ中継---サッカーへの関心を高めるために今からできること
〔PHOTO〕gettyimages

前回の更新でJリーグの2ステージ制について触れたところ、たくさんの反響をいただきました。そこで今回は、サッカーのテレビ中継について考えてみたいと思います。2ステージ制への移行とテレビ放映は、決して無関係でないからです。

サッカーファン以外にも魅力を伝えること

私はサッカー解説者として、NHKで仕事をさせていただいています。J1リーグは土曜日開催がほとんどで、キックオフ時間は昼間の15時か夜の19時になります。時間帯によって視聴者層が変わってきますし、地上波と衛星放送でも中継を視聴する年齢層が違います。

地上波で昼間に放送される中継なら、必ずしもサッカーファンばかりが観ているわけではないでしょう。たまたまチャンネルを合わせた主婦の方が、ひとりで画面を見つめているかもしれない。サッカーにあまり詳しくないお祖父さんやお祖母さんが、お孫さんや知り合いのお子さんの試合を観ていることもあるでしょう。あるいは、熱心なサッカー好きの旦那さんが、奥さんと子どもさんに自分の好きなチームを熱く語っているかもしれない。

様々なシチュエーションを前提にしながら、「サッカーの魅力を伝えること」と、「次はスタジアムで観たい」と思う人を増やすことを、私は放送席に座る際のスタンスとしています。

特にサッカー用語の使い方には注意を払います。具体例をひとつあげてみましょう。

「アタッキングサード」や「バイタルエリア」と聞いても、サッカーに詳しくない方は分からないと思います。視聴者に伝わらなければ自己満足に過ぎません。ですから私は、「ペナルティエリアの近く」と置き換えます。

こういった例は少なくなりません。ポジションやシステムも、ひと言添えれば分かりやすくなります。「システムは4-4-2」と済ませるのではなく、「ディフェンダーが4人、ミッドフィールダーが4人、フォワードが2人で4-4-2のシステムになります」と説明することで、疑問が解ける人がいるかもしれない。時間にすればほんの数秒ですから、サッカー通の方々にも耳障りではないでしょう。

「ハットトリック」だって、「1試合に3得点」と説明を加えたい。ケース・バイ・ケースでそうした対処をするように、私は心がけています。

余談になりますが、「ダイレクトプレー」という用語が間違って使われているケースがあります。パスを受けた選手がトラップをせずにパスをしたり、シュートを打ったりするのは、ダイレクトプレーではなく「ワンタッチプレー」と言います。ダイレクトプレーとは、手数をかけずに素早く相手ゴールヘ向かう流れのことを表現します。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら