[トライアスロン]
白戸太朗「“アイアンマン”、フィニッシュの先に」

トライアスリートにとって憧れのフィニッシュ

「アイアンマン」。そのまま訳すと「鉄人」である。そう、日本にトライアスロンが広まった当時、この言葉が先行してしまい、「トライアスロン=鉄人」と表現されることが多くなった。ただ、本来この「アイアンマン」というのは、トライアスロンにおけるひとつのシリーズの名称であり、総称ではない。例えていうなら、車のレースは「モータースポーツ」とか「カーレース」というのが表現として正しいのだが、その総称を「フォーミュラー1」と言っているようなものである。本来はカテゴリーの1つに過ぎないのに、そのインパクトが強過ぎて、総称を超えて一般的に認知されているという感じだろうか。

 そもそもこの「アイアンマン」とは、スイム3.8㎞、バイク(自転車)180㎞、ランニング42.2㎞を1人の競技者が継続して行うものである。トライアスロンの中でも、走行距離が長く、過酷なカテゴリーで、完走するのは簡単ではない。そのためには時間をかけてきっちり練習をする必要がある。そんなレースに、ハンディキャップを持つアスリートのチャレンジも増えている。アイアンマンの世界ではこの方たちの部門を「フィジカルチャレンジ」と呼び、世界中のアイアンマンレースでその姿は見られる。義足、義手、車いす、盲目、様々なハンディを抱えながらも、このレースにチャレンジしている姿には本当に頭が下がり、胸を打たれる。五体満足の身体で挑むことさえ簡単ではないスポーツなのに、どうしてそんなことができるのか。いや、そんなことをやろうと思えるのか……。今月12日に開催されたハワイでのアイアンマン世界選手権でも、フィジカルチャレンジの選手たちの姿を多く見かけた。

暗いコースから光に包まれたゴール地点へ

 この世界選手権は、各地で開催されているアイアンマンレースで好成績をおさめたものだけが出場を許されるトライアスリートの夢の舞台。これはフィジカルチャレンジのアスリートも同条件で、各地のアイアンマンでしっかりと成績を収める必要がある。つまりハワイを走れるアスリートとは健常者はもちろん、フィジカルチャレンジでも選ばれたものだけということになる。

 そしてアスリートをサポートする大会の体制も素晴らしい。1人のアスリートに必ず2人のサポーターが付き、義足交換や、車いすの乗り換えなどをフルに手伝ってくれる。アスリートに聞いたところ、「どこでどんなサポートが必要なのか言えば、すべて対応してくれる」という心強いサポートなのだそうだ。そしてそのサポーター全員が医療従事者であるという点も大きい。ある選手が「ドクター自らこんなことをやってもらって」と、感謝の意を伝えると、「究極の舞台で戦うハンディキャップの方々を支える。こんな貴重な体験ができるのは素晴らしいからね」と返されたそうだ。どこまでも有難く、そして心強い言葉である。