野球
二宮清純「前田智徳、恩師は故郷にありて」
打撃に取り組む眼光は鋭く、近寄りがたいオーラを放っていた。

 今シーズン限りで24年間の現役生活にピリオドを打った広島・前田智徳選手には、高校時代から心を許す恩師がいます。熊本工業高の元野球部長・田爪正和さんです。

 田爪さんが前田選手に初めて会ったのは、彼が中学3年生の時です。
「なんて心細そうな少年なんだろう……」
 それが第一印象だったそうです。

「ところが高校に入学してグラウンドに立つと、全然、違う表情をしている。野球に関しては絶対の自信を持っていましたね」

九州一の左腕から放った衝撃弾

 田爪さんには忘れられないシーンがあります。前田選手が高3の夏の練習試合です。相手は名門・鹿児島商高。ここには“九州一のサウスポー”との評判をとる井上一樹投手(今季まで中日1軍打撃コーチ)がいました。

 試合前、いつもは無愛想な前田選手が、珍しく田爪さんに話しかけてきました。
「先生、今日はプロのスカウトがようけ、きとるのぉ」
「トモ、オマエじゃない。スカウトは鹿商の井上を見にきとるんじゃ」
「ほぉ、そんなにええピッチャーなんか……」

 田爪さんは前田選手の目の色が変わるのを見逃しませんでした。
「彼はね、相手が強いとその気になるんです。これは絶対に打つだろうと思いました」

 予感は的中しました。井上投手のストレートを叩くと、そのまま打球は桜島目がけて上昇し、バックスクリーンに突き刺さったそうです。
「打球の向こうに錦江湾が見えました。長い教員生活の中で、あんな打球を見たのは、後にも先にもありません」