[アイランドリーグ]
香川・伊藤秀範コーチ「年間優勝を逃した痛恨の1球」

甘い吊り球を打たれた一発

 改めて1球の怖さを実感したリーグチャンピオンシップでした。後期覇者・徳島との対決は残念ながら3連敗。2年連続の年間優勝を逃してしまいました。ポイントになったのは第1戦の8回です。7回に香川は1-1の同点に追いつき、ピッチャーはセットアッパーの田村雅樹にスイッチ。先発の渡辺靖彬が試合をつくってくれただけに、リリーフ勝負で勝利をもぎとる計算でした。

 しかし、内野のエラーで出たランナーをタイムリーで還され、1点を勝ち越されてしまいます。なおも2死二塁。迎えるバッターは香川に去年在籍していたキャッチャーの小野知久です。簡単に2球で2ストライクと追い込んでの3球目。状況を考えれば、慌てて勝負に行く場面ではありません。バッテリーは高めの吊り球で、あわよくば三振を狙おうとしていました。

 ところが、追い込んで「早く抑えたい」と気がはやったのでしょうか。田村の投じたボールは中途半端な高さとなってしまいます。打ち頃のボールを小野がうまく叩くと打球はライトスタンドへ。試合を決める2ランを打たれてしまいました。

 1点差なら、まだ攻撃は2回ありましたから、何が起きたか分かりません。しかし、徳島の強力なリリーフ陣に対して、3点ビハインドはあまりにも重すぎました。結局、終盤の競り合いを落としたことでシリーズの流れは一気に徳島に傾いたように感じます。

 第2戦はエースの又吉克樹が先に失点し、投手戦に敗れて0-2の敗戦。3戦目からは徳島での試合となり、ホームでの連敗をはね返す地力は、もう残っていませんでした。第3戦は初回から徳島に得点を重ねられ、0-8の完敗……。返す返すも初戦の1球が悔やまれる結果となりました。

 田村は今季1年目ながらリーグ最多の64試合に登板しました。前回も紹介したようにライアンこと小川泰弘(東京ヤクルト)のフォームをマネたり、試行錯誤しながら、1年間、よく投げたと思います。ただ、それも、たった1球で報われなくなってしまうのがプロの厳しさです。