お福 第2回 「28歳にして20億の借金を背負い、とある衝動にかられた長谷川卓史は銀座へと繰り出した」

島地 勝彦 プロフィール

立木 それは福を分けてもらいたいんじゃないの。どれ、どれ、うん、たしかにいいケツしているわ。福ケツだね。

お福 立木先生にこんな大きなお尻を褒めていただき光栄に存じますわ。

セオ そうだ、お話の途中で恐縮ですが、大西社長にひとつお願いがあります。そのうちにぜひ、このネスプレッソ対談に出ていただけないでしょうか。資生堂の福原名誉会長やライオンの藤重会長も出ていただいております。

大西 わたしでよろしければいつでも出ますよ。シマジさんとの対談は面白そうですし、第一、立木先生に写真を撮っていただけるのは光栄です。

立木 大西社長がよろしければ、パスポートの写真も承ります。

シマジ ではそろそろネスプレッソ・ブレーク・タイムにしましょうか。

セオ お福さんに新しいカプチーノを淹れましょう。

お福 セオさま、おおきに。

シマジ でも人生って面白いよね。もし28歳のとき20億の借金を背負わなかったら、この妖艶なお福さんはこの世に存在しなかったんですからね。

立木 その20億円の借金は返したの?

お福 はい、おかげさまで結婚式の事業のほうが当たりまして、何とか返せました。

セオ 以前この対談に出ていただいたドン小西さんも20何億の借金を背負ってコツコツ返したといっていましたね。