雑誌
世界的科学者(米国ウッズホール海洋研究所ケン・ベッセラー博士)が目撃した「原発汚染水の海域」と「放射能汚染の実情」
7月22日の発表以来、汚染水の流出は何度となく報道された。海へ流れた放射性物質はコントロール不能だ〔PHOTO〕gettyimages

今この瞬間も汚染水は海へ漏れ続けている。海はどれほど汚染されているのか。魚は食べていいのか。他にいかなる悪影響を及ぼすのか、いまだ未知数だ。事態を究明するために世界の力を借りよう。

とても深刻な調査結果

「私たちのチームはこれまで4度来日し、原発から1㎞のところまで近付いて海水などの調査をしていますが、汚染水は漏れ続けています。いくら海水で薄まっても、魚がいる場所としては、福島の沿岸は最悪の場所です。残念ながらいくつかのシーフードについては食べられるレベルではありません」

世界最大規模の独立系研究所である米国ウッズホール海洋研究所のケン・ベッセラー博士は福島近海の汚染状況についてこう語った。

福島第一原発の汚染水はコントロールされるどころか、日々新たな問題が見つかっている。10月に入ってからも、高濃度の放射性物質を含む雨水がタンクから溢れ出る事故があったばかりか、原子炉を冷やすために使用した汚染水が新たに漏れていたことがわかるなど、次々と問題が発覚している。

こうした福島の現状は世界中から不安の目で見られているが、福島第一原発事故直後から、一貫してこの汚染水問題の調査に当たってきたのがベッセラー氏だ。

ベッセラー氏の調査の詳細について触れる前に、氏の経歴を簡単に紹介しておこう。

ベッセラー氏は、研究者としてのキャリアの大半を海洋中における放射性物質の研究に費やしてきた世界的科学者。チェルノブイリ原発事故の際にも、黒海の放射性物質の影響を調査・研究している。