[サッカー]
田崎健太「里内猛が描く日本の未来図Vol.12」

里内はシリア戦のピッチ状態が「最悪だった」と振り返る

 2012年2月5日、U-23日本代表はアウェーでシリアと対戦した。勝てばロンドン五輪出場権を獲得できるという試合だった。
 ところが日本は1対2と敗れてしまう。シリアと日本は3勝1敗の勝ち点9で並び、得失点差で日本はグループCの2位に後退した。ロンドン五輪の出場権を獲得できるのは各グループ1位。2位はプレーオフに回ることになる。

シリア戦後は意外と冷静だった

 里内はシリア戦の敗因は「2つある」と振り返る。
 1つは試合当日まで土砂降りで、粘土質のピッチだったことだ。日本のスタジアムの芝は整備されている。選手たちは、ぬかるんだ質の悪いピッチでの経験に欠けていた。
 もう1つは、シリアは日本の若い世代が苦手とする種類のチームだったことだ。シリアの他にもトルコ、ヨルダン、イラク……里内はそれらを「レスリングの強そうな国」と形容する。

「ずんぐりむっくりで、がしっとした身体。それでいて、足技も下手ではない。ロングボールを放り込んでくるようなサッカーではなく、シンプルに繋いでくる。彼らに球際の一瞬で負けてしまう傾向がある」

 とはいえ、シリアに敗れた後、里内たちは冷静だった。
 シリアは近隣諸国のバーレーンとの対戦を残している。彼らは強烈な対抗心を持ち合っており、シリアもバーレーンには簡単に勝てないだろう。日本はアウェーでマレーシア、そしてホームでバーレーンと戦う。この2試合に勝利すれば、出場権を手にすることができると考えていたのだ。

 その予想は当たった。2月22日の試合でシリアはバーレーンに敗北。日本はマレーシアに4対0と快勝し、再びグループ首位に返り咲いた。そして、3月14日に行われた予選最終戦で、日本はバーレーンを2対0で下し、五輪出場権を獲得した。

 日本はグループCを5勝1敗で終えた。このアジア最終予選で5勝を挙げたチームは他にはない。圧倒的な結果だったと言える。

 4月24日、ロンドン五輪男子サッカーの組み合わせ抽選が行われた。
 五輪は16カ国が4カ国ずつの4グループに分かれて、各組2位までが決勝トーナメントに進出する。日本はスペイン、ホンジュラス、モロッコと同じグループDに決まった。