[裏方NAVI]
小俣進(セガサミー野球部アドバイザー)<前編>「専属広報17年間の長嶋茂雄像」

 今年5月5日、東京ドームに“ミスター”が元気な姿を現した。昨年末に現役を引退した松井秀喜とともに、国民栄誉賞を受賞した長嶋茂雄。その人気の高さは、77歳となった今もなお健在である。その長嶋の専属広報を17年間務めたのが小俣進だ。現役時代から話題に事欠かない長嶋だが、果たして真の“ミスター”とは――。13年ぶりの現場復帰に始まり、“メークドラマ”、2度の日本一達成、アテネ五輪日本代表監督就任、そして脳梗塞によるリハビリの日々……さまざまな姿を見続けてきた小俣が“ミスター”を語る。

変わらないファンへの思い

 1992年12月のことだった。当時、巨人の打撃投手を務めていた小俣は、球団に呼ばれた。小俣自身は当然、来年の契約のことだろうと思っていた。厳密に言えば、その予感は当たっていた。だが、用意されたポジションに、小俣は思わず驚きの声をあげた。
「来年から長嶋さんが監督に就任するからということで、広報をやれ、と言われたんです。いやぁ、驚きましたよ。広報なんて、どんなことをするかもわからない。まったくの畑違いですからね。なんでも、第1次長嶋政権の時に、僕が現役選手として長嶋さんの下でやっていたから、というのが理由だったようです」

 93年は巨人フィーバーに沸いた年だった。長嶋の13年ぶりの現場復帰に加えて、息子の一茂がヤクルトから移籍。さらに前年夏の甲子園でいわゆる“4打席連続敬遠”が社会問題化され、日本全国にその名を轟かせた松井が入団したこともあり、注目度が一気に高まったのである。

「春のキャンプからマスコミやファンが殺到しました。特に長嶋さんへの注目はすごかったですね。一歩グラウンドの外に出ると、一瞬で100人ほどが長嶋さんの周りを囲むんです。長嶋さんが動けば、その後を集団がついていくものだから、遠くから見ていても、どこに長嶋さんがいるか、すぐにわかっちゃう(笑)。広報はとにかく大変でしたね。休日なんてまったくありませんでした。それこそ、1年目は忙しかったことしか覚えていないくらいです」

 長嶋が初めて監督に就任したのは、現役を引退した翌年、75年のことだ。前年、巨人は10年ぶりに2位に転落。いわゆる“V9”時代に終止符がうたれた。名将・川上哲治からバトンを渡された長嶋は強い意気込みがあったのだろう。39歳という若さもあり、その指導は厳しかった
当時は定岡正二や角盈男、西本聖、それに僕といった若いピッチャーがたくさんいて、育てなくちゃいけない、という気持ちが強かったんでしょうね。特に僕らピッチャーが長嶋さんに叱られたのは四球を出した時。勝負せずに最初から逃げたとみなされて、監督室でよく正座をさせられましたよ」

 だが、2度目の就任となった03年には、選手への接し方はガラリと変わったという。
「当時、巨人には斎藤雅樹、槇原寛己、桑田真澄というプロ野球を代表する先発3本柱がいて、チームとして成熟していた。それもあったんでしょうね。勝負には厳しかったですけど、選手に対して叱るということはなかったですね」

 それでも第1次政権と変わらないものがあった。ファンを大切にすることだ。それはこんなエピソードからもわかる。
「キャンプ中などで大勢の人に囲まれながら、ファンからサインを求められることもあったんです。長嶋さんが足を止めれば、みんなが止まりますから、なかなかその場ですることはできない。『じゃあ、後でね』と言うんですけど、普通なら社交辞令じゃないですけど、それで終わってしまいますよね。ところが、長嶋さんは必ず『小俣、さっきサインをする約束をしたから、ちょっと取ってきてくれ』って言うんです。どんなに小さな約束でも、ちゃんと覚えていて、言った以上は必ず守る方でしたね」
 約束した人が、どんな服装でどんな髪型だったのかも、細かく覚えていたという。長嶋の記憶力に、小俣は何度も驚かされた。