[BCリーグ]
富山・中山大コーチ「エース不在とリリーバー不足」

 今季、富山サンダーバーズは前後期ともに優勝争いをしたものの、いずれも北陸地区2位という結果に終わり、プレーオフに進出することができませんでした。大一番での試合で勝ち切ることができなかった課題や反省点はたくさんあります。しかし、その一方で自分で考える力を身に付け、引き出しが増えた選手は少なくありませんでした。来季につながる成長が見てとれ、指導者として手応えも感じています。

高塩、成長への確かな手応え

 球団職員時代を含めると、6年間お世話になった新潟アルビレックスBCを離れ、新天地で迎えた今季、私にとっては新しい挑戦でもありました。これまで培ってきたピッチングコーチとしてのスキルが試されると考えていたからです。シーズンを終えた今、ピッチングコーチとしてやるべきことにおいては、「間違ってはいない」という手応えを感じています。その成果のひとつとしては、チーム防御率が挙げられます。昨季、リーグワーストの4.17だった防御率は、今季は新潟に次ぐリーグ2位の3.02でした。

 しかし、今シーズンはマウンド上での状況判断、例えば四球を出していい場面なのか、絶対に出してはいけない場面なのか、またはボールカウントの組み立て方など、ピッチャーとして最低限必要なことを浸透させるのに時間を要し、基礎的な部分で終わってしまったという感は否めません。なかでもシーズン中に達成させなければいけなかったのは、エースの確立とリリーバー不足の解消でした。

 今季、チームの勝ち頭として9勝を挙げたのが高塩将樹(藤沢翔陵高-神奈川大-横浜金港クラブ)です。彼はもともと真っ直ぐとスライダーにキレがあり、さらに昨季にはチェンジアップとフォークボールを習得。オフにそのフォークの精度を上げ、球速もアップし、先発としての活躍が期待されていました。その期待通り、1年間、ローテーションを守り続けたことは、よくやってくれたと思っています。

 メンタル面で弱い部分もあった高塩ですが、結果を出すことで自信をつけたことも大きかったのでしょう。後期ではエースの風格が見え始めていました。そんな彼の成長を最も感じたのは、9月18日の福井ミラクルエレファンツ戦でした。この時、首位・福井との差は4ゲーム差。この試合に勝つか負けるかでは、逆転優勝への可能性がまったく違いました。

 試合前、私は高塩に「ファーストストライクを怖がらずに取りにいけ。逆にセカンドストライクは丁寧に」という指示を出しました。実は私が試合前、高塩にこうしたピッチングに対して具体的な指示を出すことは初めてのことでした。彼は神経質なタイプで、登板する試合の前には入り込んで周りが見えなくなります。そんな彼に、試合前に何か指示をすれば、そのことばかりを気にして、ピッチングに影響が出てしまうと思っていたのです。

 しかし、シーズンも終盤、この1年間でどれだけ成長しているかを確認するうえでも、指示を出してみようと考えました。その根底には、出した指示を実施するだけのスキルも既に持ち合わせているという思いもありました。結果、高塩はほぼ完璧な内容で、8回4安打1失点という好投を見せてくれたのです。